ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝 歴代社長よりも社内評が悪かった「カリスマ幹部」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年春の不正会計問題発覚以来、深刻な経営危機に瀕している東芝。2016年3月期決算は7100億円の赤字の見通し。創業以来の危機に突き当たり、東芝はリストラと事業の切り売りに走っている。

 2015年10月、室町正志社長は自身が工場長も務めたことがある画像用半導体の主力・大分工場をソニーに売却。12月には家電・半導体部門を中心に1万1000人の社員削減を発表した。3月17日には、東芝の「顔」である白物家電事業を中国家電大手「美的集団」に売却することが明らかになったばかりだ。

 その他、センサー事業部門や東芝メディカルを売却する一方で、原発子会社のウエスチングハウス(WH)を残すことを疑問視する社員は少なくない。

 2006年に西田厚聡・社長(当時)と佐々木則夫・原子力事業本部長(同)が主導して買収したWH。東日本大震災以降、新規受注は激減したため子会社としての資産価値を引き下げる処理(減損処理)が必要なはずだが、東芝はそれを意図的に先延ばししてきたとみられている。50代のベテラン社員A氏は不満を口にする。

「事業の『選択と集中』が必要なのはわかります。でも、なんで原子力なのか。これまで会社は決算発表では『WHに減損処理は不要』と言い続けてきたけど、新規受注がないんだから、先があるはずがない。過去のトップの失敗のツケをこの期に及んでも清算できないだけじゃないのか」

 昨年4月に「不適切会計の疑い」と発表した際、経営トップから納得のいく説明はなかったという。

「全従業員宛てに社長名のメールが来たぐらい。不正の全体像のようなものは社内にいても第三者委の報告書(2015年7月公表)を見るまでわからなかった」(30代営業職のB氏)

 歴代3人のトップ(西田、佐々木、田中久雄の各氏)が注目される陰で、社内では彼ら以上に評判が悪い人物がいるという。

「不正会計に関して悪名高いのが『半導体のカリスマ』と呼ばれた某経営幹部。彼は課長・部長時代には自ら“チャレンジ”(※注1)に荷担していたどころか、部下には『死ね』などの暴言を吐いて圧力をかける。騒動で役職を辞任したあとも会社に残ったことが、本当に腹立たしい!(と机を叩く)」(同前)

【※注1/東芝の歴代社長が「チャレンジ」と称して実現不可能な業務目標を社員に強要していたとされる】

 彼ら経営幹部が参加した社長月例(※注2)は不正会計の温床だったといわれている。そこでトップから「工夫しろ」「できないなら窓から飛び降りろ」といった圧力があったことは報道されている通りだ。

【※注2/東芝社内では社長が経営幹部を集めて毎月下旬に行なわれていた。不正会計問題発覚後の2015年7月には廃止されている】

「不正会計が巨額に膨らんだのは、上からの圧力だけが原因ではない」とA氏はみる。

「東芝は所属する事業部ごとでもらえるボーナスの額に2倍以上の開きが出る。その仕組みが社全体として悪い方向に出て、“チャレンジ”が常態化してしまったのかもしれない」

 B氏の話。

「東芝ブランドに傷をつけたという意味では経営者の責任はあるけれど、それ以前に業績が上がっていれば“チャレンジ”は要らなかった。歴代社長だけのせいにするのは格好悪い。

 入社直後はニッポンの技術を支える東芝に入社できて晴れやかだった。東芝社員として胸を張れる日が1日でも早く来るように、頑張るしかありませんね」

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
東芝の早期退職制度 「これを機に」と優秀な人材ほど流出
東芝が旧経営陣への賠償請求方針を公表した理由に2つの見方
東芝が旧経営陣に3億円賠償訴訟 堀江氏は336億円請求された

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP