ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マスクイケメンと褒められた40代男 法事でもマスク着用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 鼻水は出るし、目はかゆいしで、花粉症患者にとっては最悪なこの季節。外出にマスクは欠かせないが、なかには喜んでマスクをする人もいるという。埼玉県に住むパート勤務の女性Wさん(42才)の夫(44才)は、花粉症初心者。なぜだかうれしそうにマスクをしているというのだが…。その理由をWさんが明かす。

 * * *
 今年から花粉症デビューした夫は一日中、くしゃみ、鼻水で、外出時はめがねとマスクを手放せず。家のカギを忘れて出社した夫が、銀行強盗みたいな格好で家のドアをドンドン叩くと、ご近所から「大丈夫? 家の前に不審者がいるわよ」と電話が入ったりして、いい迷惑よ。

 夫も花粉症初心者だから、イライラして私に当たり散らしたりして、家の中は最悪な空気なの。

 それが先日は、夫がとっても上機嫌で帰ってきたの。聞いたら、「職場の女の子からさ~、マスクイケメンなんて言われちゃってさ~」ですって。

「口元を隠すとシャープな目が際立って、いい男に見えるって、あはは。本当か?」と、目をシバシバ。

 ただ喜んでいるならいいけど、“イケメン”で気をよくした夫は、人が集まるところに出るときは、マスクをつけ出したのよ。

 法事もマスク、知り合いの結婚式もマスク。飲み会も直前までマスク。さらにめったに話をしない高校生の娘にも、「どうだ、お父さんイケメンだろ? これで授業参観に行ってやろうか?」って。お願い。これ以上、家族に嫌がらせしないでッ。

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
花粉症はかつて「マッカーサーの置き土産」と呼ばれていた
インフルにも花粉症にも効果アリか “ダチョウの卵マスク”
ベースメイクで花粉対策 帰宅後は頭にタオルを巻くのも良し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP