ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胸膜中皮腫の新治療法として注目される「NK4遺伝子」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アスベストを吸ってから、中皮腫(ちゅうひしゅ)を発生するまでの期間は、30~40年とかなり長い。日本でのアスベスト使用・輸入のピークは1970~1980年頃だが、当時仕事や周囲に工場があったなどでアスベストに曝露(ばくろ)していた人が、今になって中皮腫を発症している。現在でも中国やインド、ロシア、東欧諸国ではアスベストが使用されており、世界的に患者が増える可能性がある。

 中皮腫は肺や心臓、横隔膜などを覆う膜の表面にある中皮細胞に発生するがんだ。がんができる場所により、胸膜中皮腫、心膜中皮腫、腹膜中皮腫があり、中でも胸膜中皮腫が多い。胸膜中皮腫は進行すると、咳、胸痛、呼吸困難が出るが、初期は症状が乏しいことが多く、早期発見が極めて困難だ。

 千葉大学医学部附属病院呼吸器内科の多田裕司医師に話を聞いた。

「悪性胸膜中皮腫は、がんが広範囲のことが多く、手術は侵襲が大きくて術後に患者の体力が急激に低下することもあります。また抗がん剤は、シスプラチンとペメトレキセドの2種だけが保険適用です。肺がんなどで効果をあげている分子標的薬は、中皮腫では残念ながら、ほとんど効果はありません。そのため新しい治療法として試みているのが、NK4遺伝子治療です」

 NK4というのは、がん細胞を増殖させ、がんに栄養を引き込む血管を作るHGFという物質を抑えるNK4タンパクのことだ。このNK4をウイルスに搭載し、体内に注射すると、がん細胞にウイルスが感染し、死滅する。NK4をがん細胞まで届ける運び屋がアデノウイルスベクターだ。アデノウイルスは、夏風邪などの原因となるウイルスで、自然界に多く存在する。

 このアデノウイルスを無害化したものに、遺伝子組み換え技術でNK4分子を作る遺伝子を搭載する。アデノウイルスは、増殖している細胞によく感染する性質があり、正常細胞よりも増殖が活発ながん細胞に感染する。このウイルスベクターの作成と品質の管理には高度な技術力を要するが、支えているのは日本の複数の大学の連合チームだ。

「治療は患者さんの胸水の中に直接、ウイルスベクターが入った約50ミリリットルの薬剤を注射します。法律で遺伝子組み換え産物を環境中に拡散させてはいけないと決められているので、血液検査でウイルスが体内から消えるまで、1週間くらい個室入院となります。退院後は外来で診察しています」(多田医師)

 昨年から千葉大学では、臨床試験を実施している。薬剤の量を変えて患者に投与し、その有効性と副作用の出方などを注意深く観察している。

 試験の対象となる患者は、手術できない人、抗がん剤が効かない人、一度効いても再発した人、もしくは抗がん剤治療を拒否した人だ。臨床試験の結果はまだ公表されていないが、効果的な治療法がない悪性中皮腫の新しい治療法として注目されている。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
最新のがん治療 感染するとがん細胞を破壊するウイルス利用
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅
肝がんの罹患率 山梨県と西日本で全国比1.2倍以上多い背景

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP