体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鉄ちゃん&うなぎ好き必食! 静岡県・天竜浜名湖鉄道の駅舎内にうなぎ店があった!

f:id:Meshi2_IB:20160103153156j:plain

世にも珍し「エキナカうなぎ店」

駅のホームや構内で楽しめるグルメといえば、うどんやそば。小腹を満たすだけではなく、その地域ならではの麺やつゆ、具を味わうのも旅の楽しみである。

静岡県の浜名湖北岸を走る天竜浜名湖鉄道は、県西部の湖西市と掛川市を結ぶローカル鉄道。

f:id:Meshi2_IB:20160103153003j:plain

始発駅の新所原駅の改札口を出ると、

f:id:Meshi2_IB:20160103153029j:plain

食欲をそそられる香ばしい匂いとともに、普通の駅ではあまり見慣れない光景が目に飛び込んでくる。

f:id:Meshi2_IB:20160103153054j:plainなんと、そこにあるのはそば店やうどん店ではなく、うなぎ店。その名も『駅のうなぎ屋 やまよし』。 f:id:Meshi2_IB:20160103153106j:plain

持ち帰りのうなぎ弁当だけではなく、店内で食べることもできる(ただし、落ち着いてうなぎを食べてもらいたいという店主の思いから、子供の入店は原則NG)。しかも、うなぎ丼はいちばん安いもので1,300円。ここ何年か高騰が続き、庶民にとっては今や高嶺の花となったうなぎがこの値段で食べられるのは絶対にお得だ。

弁当だけじゃなく店内での飲食も可能

カウンターで注文してお金を払った後、店内の座敷へ。

f:id:Meshi2_IB:20160103153120j:plain

席数は10席くらいか。やや狭いのは否めないが、立ち食いがメインの駅のうどん・そばのスタンド店と比べれば天国だ。

待つこと約10分。ほかほかの「うなぎ丼」(写真はうなぎ1尾入り2,100円、ご飯の中にもうなぎが入っている)が目の前に。あまりにも腹ペコだったので、追加料金110円でご飯を大盛りにした。

f:id:Meshi2_IB:20160103153143j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。