ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代サッカー界の父、ヨハン・クライフの生涯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J‐WAVE金曜朝の番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」のワンコーナー「WORDS FROM THE FIELD」(ナビゲーター:GAKU‐MC)。先月、この世を去ったサッカー界のレジェンド、ヨハン・クライフ氏の生涯を振り返りました。

ヨハン氏は昨年の10月に肺がんを患っていることを公表。今年の2月には「闘病は前半を2−0で終えた。まだ試合は終わっていないが、私は勝利するだろう」とサッカーに例えて順調な回復ぶりを表現していたのですが、3月24日にこの世を去ってしまいました。享年68歳。クライフ氏は長いリーチ、見事なトラップ、360度に確保された視野で、美しい動きをするサッカープレヤーでした。

1947年にオランダのアムステルダムで生まれたヨハン氏。クライフ氏がアヤックスと契約したのが15歳。トップチームデビューは17歳。次のシーズンには得点王に。アヤックスも快進撃を続け、リーグ優勝6回。カップ戦も4度優勝、さらにヨーロッパチャンピオンズカップ3連覇を成し遂げました。

クライフ氏の背番号は14番。あまり人気のある番号とはいえなかったのですが、クライフ氏がつけて活躍したことで14番を付ける選手が増えました。例えば、2010年のワールドカップで活躍した中村憲剛選手も14番でした。

その後、73年にバルセロナに移籍し、素晴らしい成績を数多く残したクライフさん。中でも伝説として残っているのは、74年のワールドカップ西ドイツ大会。この大会でオランダのキャプテンを務めたクライフ氏は、ミケロス監督と共に“トータルフットボール”という戦術で世界を魅了しました。決勝では西ドイツに敗れて準優勝でしたが、オランダのサッカーは優勝チームよりも大きなインパクトを残したと言われています。

次のワールドカップ、アルゼンチン大会でもクライフ氏の活躍が期待されていましたが、78年のワールドカップには出場せず、その後、アメリカや母国のオランダでプレーして84年に引退。

その後はアヤックスで監督を務めた後、88年にはバルセロナの監督に就任。当時、バルセロナは成績が低迷し、リーグ戦の優勝から遠ざかっていました。そのピンチに招聘(しょうへい)されたのがクライフ氏。リーグ4連覇、さらにヨーロッパのタイトルなども獲得しました。名言もたくさん残っているのですが、中でも象徴的なのは「美しく敗れることを恥だと思うな。無様に勝つことを恥だと思え」。楽しいサッカーで世界中にサッカーを愛する子どもたちを増やしたクライフ氏は、まさに現代サッカー界の父なのです。

【関連サイト】

「WORDS FROM THE FIELD」オフィシャルサイト

http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/words-from-the-field/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。