ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キアヌ・リーヴス、マーティ・ノクソン監督のダーク・コメディ映画『To the Bone(原題)』に出演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


キアヌ・リーヴスが、脚本家マーティ・ノクソンの監督デビュー作となる映画『To the Bone(原題)』にリリー・コリンズの相手役として出演することが決まった。同作は、ノクソン自らが経験した拒食症を題材としたダーク・コメディである。

モッキングバード・ピクチャーズのジュリー・リンとボニー・カーティスが、カリナ・ミラーと共にプロデュースを手掛ける。ミラーは自身の製作会社スパークハウス・メディアを通じてファイナンスも担当する。ミラーは彼女の夫と投資家のタラール・アル・アラバールと共に、スパークハウス・メディアを率いている。

『To the Bone(原題)』は彼らが手掛ける最初の作品であり、3月末からロサンゼルスで撮影が開始される予定だ。

リーブスは型破りなスタイルでウィリアム・ベッカム医師の役を演じ、自分の人生をかけてコリンズ演じる役の病状の改善を後押しする。

リーブスについてノクソンは、「キアヌは優しさはもちろんのこと、寛大さと知性を持った人です。それが、彼にこの役を演じてもらいたいと思った理由です。彼が『To the Bone (原題)』への出演を承諾してくれ、作品に命を吹き込む手助けをしてくれることに、とても興奮しています」と、語った。

本誌ヴァラエティは3月15日号の独占記事で、ノクソンが自身の脚本で『To the Bone(原題)』を監督することを報じた。

ノクソンは『MAD MEN マッドメン』や『バフィー~恋する十字架~』、『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』、『プライベート・プラクティス:LA診療所』を含む幅広いテレビシリーズのプロデュースや脚本を手掛け、自身のキャリアを積み重ねてきた。彼女はCBSの医療ドラマ『Code Black(原題)』のエグゼクティブ・プロデューサーとして働くと共に、米ケーブルテレビ局Bravo(ブラボー)の『Girlfriends’ Guide to Divorce(原題)』と、米Lifetime(ライフタイム)の『UnReal(原題)』でプロデュースと脚本を手掛けている。

リーブスは最近、映画『ジョン・ウィック』続編の撮影を終え、映画『砂上の法廷』、映画『The Neon Demon(原題)』、映画『The Bad Batch(原題)』のポストプロダクションを行っている。

リーヴスはCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)と、ノクソンはWME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、ハンセン・ヤコブセンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP