ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「一口ちょうだい」は26%の女性がイラッとする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 桜が咲くと始まるお花見。家族と、友人と、恋人と…親しい人たちと飲んだり食べたりするなかで、相手の食べているものがおいしそうに見えて、つい口にしてしまうあの一言、「一口ちょうだい」。しかしこれが「嫌だ!」という人も少なくない。

 放送作家の鈴木おさむ氏(43才)はブログで「一口ちょうだい」について言及。妻の大島美幸(36才)は「一口ちょうだい」と言いながらも、三口も食べると指摘し、「ぼくは昔からあまり好きじゃない」と明かした。

 俳優の生瀬勝久(55才)はバラエティー番組で「一口ちょうだいは絶対に嫌!」としてこんな例をあげた。

「唐揚げ5個のうち1つをあげたとして、それに対するお返しは、ハンバーグで換算するとどのくらいなわけ!?」

 女性セブンが30~70代の女性200人にアンケートを行ったところ、他人からの「一口ちょうだい」に「イラっ」とするという人は26%だった。さらに「誰に対して最もイラっとするか」との問いには、「友人」が50%と半数に達し、「夫」28.8%、「子供」13.6%が続いた。何気ない「おねだり」が地雷を踏んで、身近な人との関係にヒビが入るかもしれないのだ。

「一口ちょうだいはカジュアルな食事なら当たり前。『嫌です』と言う人とは二度と食事に行きません!」(東京都・42才主婦)
「2人姉妹で育ったので食事のシェアは日常。抵抗はありません」(京都府・49才主婦)

 と、「一口ぐらいOK派」がいる一方、頑固な「絶対ナシ派」も少なくない。都内在住の46才主婦の意見だ。

「ママ友とお茶を飲んでいて、『ちょっとちょうだい』と言われた瞬間に相手のフォークが私のスイーツにかかっていることがあり、正直ムッとします。自分が食べたいものを選んだので、逆に他人から『これ、おいしいから食べて』と言われても邪魔くさいだけ」

 静岡県在住の52才主婦も「絶対ナシ」に同意する。

「本当に嫌です。とくに私が“最後にじっくり味わおう”とあえて残していた好物の品を『一口ちょうだいネ』の一言でサッとさらわれると、顔では笑っていても心では相手の首を絞めたくなります」

「食べ物の恨み」は深いのだ。栃木県在住の41才主婦も苦しい胸の内を明かす。

「本当は嫌なのですが、子供の幼稚園のママ友たちとファミレスでランチの時、『ちょっとちょうだい』と言われて、『え~、ヤダ~』と軽い気持ちで断ったところ、その場がシーンと静まり返りました。その後の人間関係がかなり気まずくなり、それからは、『どう、一口食べてみたい?』と先に聞くようにしています」

 賛否分かれる「一口ちょうだい」。マナー的にはどうなのだろう。心理カウンセラーの資格を持つマナー講師の山田響子さんは「少しでも不快に感じる人がいる以上、マナー違反になる」と話す。

「食べかけの品が相手の口に入るだけに抵抗を感じる人も多い。とくに『一口ちょうだい』は相手が『嫌です』と断りにくいので、お願いするほうがマナー的に注意する必要があります。たとえば『これ、おいしいから食べる?』と相手に聞いてみて、遠慮なく口に入れたら、『一口ちょうだい』にも抵抗がない人だと考えられます。こうして相手との距離を測り、反応が悪ければやめておくのが無難です」(山田さん)

 この“禁断のフレーズ”は男性より女性のほうが使うことが多いという。

「女性は他人の品がよく見えて1つに選びきれず、女友達と料理をシェアすることも多い。一方で男性はこの言葉に慣れておらず、女性に『一口ちょうだい』と言われると、“自分に気があるのかも”とドキッとすることもあるんです」(山田さん)

 この言葉通り、「一口ちょうだい」は相手との距離感をぐっと縮めるマジックワードでもあるのだ。

「『一口ちょうだい』は相手に甘える行動であり、相手に心を許しているサイン。相手と近づきたかったら、あえて使ってみるのも手です。もっとも、相手がより一層、不快になることもありますけどね(苦笑)」(山田さん)

 なお、相手から求められて、どうしても嫌だったら「私そういうの苦手だから、ゴメンね~」と明るくあっさり断るといいのだとか。

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
一口ちょうだい女性 姪っ子のハンバーガーの3分2をガブリ
「ひと口ちょうだい」横取り女 自分が言われると嫌な顔で拒否
57歳男性 「千歳飴ちょうだい」と頼むが断られてブチ切れる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP