ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電池が早く減ってしまう人必見!バッテリーの劣化状態が確認でき、ストレージとバッテリーが一体化した「KuPower」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホに関する悩みといえば、電池消耗が早いこと、データ容量がすぐに一杯になってしまうことではないだろうか。

その両方を同時に解決できるのが、このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「KuPower」。しかも、スマホの電池の劣化状況まで確認できてしまう。

・電池の劣化スピードを緩やかに

外付けストレージとモバイルバッテリーが一体化したタイプは珍しいものではないが、KuPowerの売りはこれらの機能に加えスマホ電池の“健康診断・管理”ができること。

よく知られている事実だが、スマホの電池は充電を繰り返すたびに劣化していく。フル充電したのに持ちが短い、という状態になったら黄信号だ。

KuPowerでは、スマホをつなぐとスマホがこれまでに何回充電され、実際にどれだけの電池容量になっているのかなどを確認できる。

加えて、電池の劣化スピードを緩やかにし、持ちが良くなるようにメンテナンスもしてくれる。

・バッテリー容量は5500mAh

ストレージとしては、KuPowerにはマイクロSDカードスロットがあり、マイクロSDカードにスマホのデータを移すことができる。大事な書類のバックアップをとったり、大容量のビデオを保存したりするときなどに便利で、専用アプリでファイルの管理ができる。

また、モバイルバッテリーとしての容量は5500mAhと十分。IPhone 6sなら通話25時間分に相当する。

高価なスマホは頻繁に買い換えるものではないだけに、KuPowerで電池をいたわりながら、データも管理するとより長く使えそうだ。

Kickstarterでは今なら、16GBのマイクロSDカード付きが39ドル(約4400円)、32GBのマイクロSDカード付きが49ドル(約5500円)の出資で入手できる。出資期限は5月12日。

KuPower/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP