ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、小型軽量の“幽霊捕獲マシン”を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony は 4 月 1 日、“世界初の幽霊捕獲マシン” を謳う「プロトンパック」を開発したと発表しました。これは今年のエイプリルフールのネタなのですが、Sony 本体がプレスリリースを通じて発表するとは意外でした。例年なら海外の公式ブログで紹介される程度なのですが、今年はけっこう気合が入っている模様。なんと、平井 CEO のコメントまでも掲載されています。Sony が開発したらしい幽霊捕獲マシンとは、プラズマ化した陽子を駆使して異次元の物体を捕獲できるというものです。Sony は「最先端の小型超伝導加速装置を搭載し、水素プラズマ細胞から抽出されるプロトン(陽子)の動きを加速させることで、ゴーストの捕獲を可能にしました」と説明していますが、よく分かりません・・・。私のような一般人には到底理解できないネタとなっています。知識人向けのネタですね。プロトンパックは日本でも 2016 年 8 月 19 日に発売される “予定” です。この場合、予定といえば未定ということでしょう。価格は公開されていませんが、使用されている装置名で試算すると、数億円 ~ 数十億円規模になると見られます。Source : Sony

■関連記事
Google、今年は「Google日本語入力物理フリックバージョン」を開発
Google I/O 2016をモチーフにしたAndroid Wear用ウォッチフェイスがリリース
Xiaomi Mi 5のグローバルモデル、インドで4月6日より販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP