ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会社飲み会で妊婦の社員にノンアルコールビールをすすめるのはアリ?ナシ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社でのお花見や歓送迎会と、何かと仕事がらみでお酒の席が増えるこの時期。とくに女性の場合、上司から半無理やり”最初の一杯だけはビールだよな!”と言われ(仕事だから……と)仕方なく飲む人も多いのではないでしょうか。

最近では、コラーゲン入りのビールテイスト飲料など、女性向けのノンアルコールビールも売られているため、最初からノンアルコールビールを飲む人なども増えてきていますが、それでもお酒が飲めない方はやはり苦労しますよね。

一方でお酒が好きで、勤務時間中にノンアルコールビールを飲んでいらっしゃる方もいるようです。

仕事中にノンアルコールはNG?

先日発表された『ノンアルコールビールに対する意識調査』によると、業務時間内外に関わらず「職場でのノンアルコールビール飲用についてどう思うか」の質問に対し、「良くない」と回答した人が全体の72.3%、「良い」と回答した方が27.8%とのこと。

参考 <ノンアルコールビール意識調査>株式会社エコンテ
http://econte.co.jp/resource/alcohol-free/

 

といえども、やはり職場での飲用についてはまだ厳しい意見が多いようです。

妊婦さんにはノンアルコールビールでOK?

また、お酒の席で女性スタッフが妊娠されている場合、ビールをすすめていいのかどうか悩むところです。

初めてのたまごクラブ2016年春号 P40でもこの内容を詳しく説明
Fujisan.co.jpより

 

アルコールは“へその緒”を通して胎児に影響するため妊婦はアルコールを飲んではいけないとされます。一杯くらい…と、ついススメがちですが、そこは遠慮すべきです。

ならばノンアルコールビールはどうでしょう?

アルコール分「0.00%」表示のヒミツ

まず、本当にアルコールは入っていないのか?という疑問。大手ビールメーカーが出しているノンアルコールビールは、清涼飲料水に分類され「0.00%」の表示があります。

なのに、缶には
・アルコール分0.00%・当商品は20歳以上の方の飲用を想定して開発しました

と表示。さらにコンビニなどの小売店ではノンアルコールビールでも未成年と思われるお客様に、年齢確認をしなければいけません。

これは、お酒を想定して造った飲み物は、例えノンアルコールでも、未成年が本物のお酒に興味をもつきっかけになる“危険性”があるからです。ですから身体への影響はありません。

 

ちなみに、日本の酒税法ではアルコール分1%未満は酒類として分類されないので、0.2%を四捨五入して0%と表示することができます。

つまり、アルコール表示に0と書いてあっても、実際には微量にアルコールが含まれている訳です。0.00%とわざわざ表示するのは、小数点以下までアルコールが入っていません!という証なわけです。

ですから、妊娠している女性スタッフに0.00%ノンアルコールビールをススメるのは問題ないと思われます。

あとは妊婦さんである本人の選択です。どうしても宴会はアルコールを飲む前提で開催されるもの。例えば、お花見のように野外の宴会では、事前に清涼飲料水を幹事さんに頼むことも忘れずに。幹事さんも、きちんと対応できるように用意しておきましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP