ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】ホラー映画『Lights Out(原題)』、暗闇の恐怖が迫る予告映像が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ホラー映画『Lights Out(原題)』のファースト・トレーラーを見ると、常夜灯をつけたまま眠るのは正しかったことが分かる。

『Lights Out(原題)』は、2013年に話題となったデヴィッド・F・サンドバーグによる同名の2分間の短編フィルムをもとにしている。暗闇から力を得る霊に悩まされるレベッカ(テリーサ・パーマー)と弟のマーティン(映画『アナベル 死霊館の人形』のガブリエル・ベイトマン)のストーリーが展開していく。

灯りの点滅と共に女性の影が近づき、2人は灯りをつけて影を追い払おうとする。いくつかの調査の後、2人は、このポルターガイストは2人の母親の過去の事件と関係し、恐怖を糧にしていることを発見する。

同作は、サンドバーグがエリック・ハイセラーが執筆した脚本をもとに監督を務める。アレクサンダー・ディペルシア、ビリー・バーク、マリア・ベロも出演する。

トレーラーの独特な恐怖には少なからず驚かされる。映画『死霊館』、映画『インシディアス』のホラー映画で有名なジェームズ・ワン監督がプロデューサーのひとりを務める。ハイセラーはローレンス・グレイと共にプロデュースもおこなう。デイヴ・ノイスタッター、ウォルター・ハマダ、マイケル・クレア、リチャード・ブレナー、ベン・エヴァラード、ジャック・マーレイが、エグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

同作のトレーラーは、3月27日(現地時間)のアニメコンテンツのイベント、ワンダーコンでのニューライン・シネマのパネルにて、ワン監督による映画『死霊館』の新しいトレーラーと共に初公開された。

『Lights Out(原題)』は、7月22日に米劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。