ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】ストレスによる心の病気を未然に防止!無料で使える離職率改善サービス「COCOREPO」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在企業が抱える問題の1つに、離職率の増加がある。激務や人間関係など、理由はさまざまだが、いずれもストレスが発端になっているのは、否めないようだ。

そうした課題に対応するのが、この「COCOREPO(ココレポ)」である。国内でもレアな、離職率改善を目的とした無料の企業向けクラウドサービス。従業員のメンタル、モチベーションを日常的に管理しながら、強い組織作りを図るという、期待の社内ツールだ。

提供元は、クラウド専門のシステムインテグレーター、クラウディア。代表取締役の嶋田 政和(しまだ まさかず)氏に、詳しい話を聞いた。

・日常的な社員のケアで問題を未然に解決

Q1:まずは、「COCOREPO」提供のきっかけからお聞かせください。

私が独立前、会社員として働いていた時代に、同僚や先輩の中で心を病んでしまう人や、やりたいことができずに会社を去ってしまう人を、本当に多く見てきました。同時に自分の無力さが心に残っていて、そういった人たちのために何か事業をやりたいと、ずっと考えていたのです。

折しも、厚生労働省が2015年12月から、ストレスチェックを義務化すると発表しました。そこで私たちも、日本が抱えるこの労働問題に対して本気で取り組みたいと考え、サービスの開発に着手した次第です。

Q2:「COCOREPO」とは、どんなサービスなのでしょうか。

「COCOREPO」は、産業医の先生に頼る前に社内で問題を解決し、離職率を下げるサービスです。

うつやモチベーション低下が発生する原因は、あくまで“現場”にあります。しかし、問題が起きてからでは手遅れですし、現場で起きた問題を、外部の産業医の先生に頼り切ってしまうのも間違いです。

「COCOREPO」は、常日頃から従業員をケアします。(そして、サービスを元に)組織を改善し続けることで、未然に問題発生を防ぐことが可能です。

・“守り”のサービスが企業の利益安定化を図る

Q3:本サービスを利用することで、企業はどんなメリットを得るのでしょうか。

企業が抱える退職コストは、一人当たり平均400万円を超えると言われています。従業員をケアしなければ、最終的に不利益を被るのは企業です。

売上を伸ばす“攻め”のサービスだけではなく、「COCOREPO」のような“守り”のサービスを導入することで、結果として企業の利益安定化という、代えがたいメリットが生まれます。

Q4:今後の展開について、教えてください。

日本ではまだまだ、離職率改善をテーマとしたサービスは多くありません。私たちはこのテーマをベースに、さらに機能を強化し、企業もそして中で働く人も、みんなが笑顔になれるサービスにすべく、これからも全力でその向上に努めてまいります。

「COCOREPO」では、メンタル面の管理のみならず、社員が会社に対し、積極的に意見を述べることも可能。他にも組織強化に役立つ機能が満載されているので、興味のある人はぜひのぞいてみてほしい。

COCOREPO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP