ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これがスケート好き女性「スケ女」を口説くジャズ知識だ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月28日。アメリカのマサチューセッツ州はボストンで『フィギュアスケート世界選手権2016』がはじまった。昨年は銀に終わった羽生結弦はどうなる? 浅田真央の復活はあるのか? そんな中!

 最近の日本では“スケ女=スケジョ”と呼ばれるスケートマニアの女性がますます増えている。この手の女性にモテるにはなんといっても“スケートに詳しくなる”ことなんだが、なにしろ向こうはスケ女っていうくらいで、スケート関連の知識に関しては、こっちが付け焼き刃で挑んでもそうそう勝てるもんじゃない。

 そんな中、知っているだろうか? 浅田真央が今シーズンからショートプログラムで採用している楽曲名を? 『素敵なあなた』……もともとはアンドリュース・シスターズが1930年代に歌って大ヒットしたスタンダードジャズの名曲である。

 フィギュアに使われる曲のジャンルといえば1にクラシック、2にオペラ、3にミュージカル及び映画音楽と相場は決まっているが、実はその次に位置するのがジャズ!! しかしスケ女はクラシックとオペラあたりまでは知識としてカバーしているのだが、ジャズに関してはノーマークなのが実態だ!

 となると今、スケ女に一番モテるには、スケ女の知識のスキマであるジャズウンチクしかないという、もう論理的になんの欠点もない話になってくるのだ!

「真央ちゃんの『素敵なあなた』だけど、この曲ってさ……」

 スケ女は、このセリフ一発で興味を持ってくるだろう。そしてこの『素敵なあなた』は、4月19日創刊のCDつきマガジン新シリーズ『JAZZ VOCAL COLLECTION』(小学館)第1号に収録されているのだ! そこに解説されているウンチクを話したらどうだ?

「元々は哀感が特徴のユダヤ・ミュージックなんだよね。哀愁ユダヤ音楽といえばミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』の名曲『サンライズ・サンセット』が有名だね。『素敵なあなた』の原題で、曲中で繰り返し歌われる“バイ・ミー・ビスティ・シェーン:Bei Mir Bistu Shein”という詞は、ドイツの方言の一種で、ユダヤ人が使う言葉『イディッシュ語』なんだ」

 ちなみに今のセリフは本当に『JAZZ VOCAL COLLECTION』第1号の文章を口調代えて書いただけです。しかし、この時点でジャス女の目はすでにトロ~ンとなっているであろう、論理的に。このCDつきマガジン丸パクリのセリフはさらに続く。

「その『イディッシュ語』を訳せば、その意味は……“私にとってあなたは美しい”……」

 スケ女がオチる瞬間である。

 さらにスケートとジャズの関連の話はいくらでもある。

「『素敵なあなた』はエラ・フィッツジェラルドが唄ったヴァージョンも有名だね?」

──エ!? エラ・フィッツ…??

「エラ・フィッツジェルァ~ルダッ!」

 ここらはハードヴップで発音したい。

「エラ・フィッツジェルァ~ルダッといえば、昨年の世界選手権に出場したスイスのイブリーン・ブルナー選手も、エラの歌ったデューク・エリントンの『デュークス・プレース』をショートに使用してるね」

──フィギュアの曲目にジャズって多いのね?

「浅田真央も昔のエキシビションにはルイ・プリマの『シング・シング・シング』を使ってたしね」

 ここらからはマシンガントークならぬ8ビートトークで息をつかせぬフィギィアとジャズの関連を話し続けたい。

「『シング・シング・シング』は、羽生選手も2007~2008年シーズンのショートに使用してたよ。このスイングジャズの名曲は、本田武史もジェフリー・バトルもレイチェル・フラットも使ってたしね。

 羽生といえば、2014年グラプリシリーズ中国大会で、練習中に衝突された中国のハン・ヤンが、そのシーズンのフリーの曲目に使ってたのが、スタンダードジャズの大ヒット曲『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』。この曲はフランク・シナトラが唄って大ヒットしたけれど、フランクシ・シナトラの娘のナンシー・シナトラのヒット曲『ディーズ・ブーツ・アー・メイド・フォー・ウォーキン』は、今注目の本田真凜がエキシビションで使ってる」

 この時点ですでにスケ女、4度ほどオチている。スケ女オトすにゃフィギュアの曲目に使われるジャズを、それも使われる可能性の高いヴォーカル入りのジャズの知識を高めるのが効果的。男なら新創刊のCDつきマガジン『JAZZ VOCAL COLLECTION』買って勉強しとけ!

文■カーツさとう

【関連記事】
ジャズグラドル・みなみ鈴 現役早大生のIカップ爆裂ボディ
ジャズドラマー・日野皓正の家族が開いた名店in六本木
松本潤、関ジャニ横山らジャニーズも傾倒するジャズの魅力とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP