ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山手線で最も地味な田端駅 開業120周年で注目集められるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 山手線駅の開業記念といえば華やかな式典と話題に包まれると思いきや、2014年に開業100周年を迎えた東京駅よりも古いのに、120周年を迎えた東京都北区の田端駅にはなかなか注目が集まらない。そんな田端を盛り上げようと、自虐的フレーズをユーモラスにとりあげたLINEスタンプや、鉄道の町としてまちづくりをすすめる田端の人たちの取り組みについて、『封印された鉄道史』などの著作があるライターの小川裕夫氏がリポートする。

 * * *
 山手線で最も地味な駅といわれる田端駅が、2016年4月1日に開業120周年を迎える。田端駅では開業120周年を記念して、昔を振り返るパネル展が開催されている。そのほか、スタンプラリーやウォーキングイベントが実施される。ところが、この記念すべき節目に気づく人は少ない。華やかさに欠けるのは、都民でも田端駅を利用したことがある人は珍しいといわれる利用者の少なさも影響しているだろう。

 田端の一日の乗車人員は約4万5000人。JR在来線の数字だけを比較してみても、新宿駅は約74万8000人、東京駅は約41万8000人、近隣の上野駅でさえ約18万2000人。田端駅利用者は、圧倒的に少ない(2014年度。JR東日本調べ)。

 そんな田端駅だが、若者たちには欠かせないSNS「LINE」でにわかに注目を浴びている。

 今年1月、LINEクリエイターズスタンプ「田端」がリリースされた。同スタンプを制作したクリエイターの櫻井寛己さんは26歳。生まれてから田端を離れたことがない生粋の田端住民だ。

「生まれ育った田端に愛着があり、田端を活性化させたいという思いは以前から強くありました。町内会や商店街に参加して何かをやろうという選択肢もありましたが、週1回の会合に出席しなければならないとなると、シンドイというのが本音です。自由に活動できて、それでいて田端を活性化させるにはどうしたらいいか?と考えました。

 以前からLINEスタンプを制作していたのですが、スタンプ制作は手の空いた時間にできますし、スタンプを使ってもらえれば在住者以外にも田端をPRできます。そうした考えからスタンプを制作し、田端を盛り上げようと思ったのです」

 櫻井さんが制作したLINEスタンプには、“山手線で一番無名!”“マイナーさはメジャー級”“田端ならNGだよ”といった絵柄もある。もちろん、田端を愛するが故の自虐的なフレーズだ。

「田端をdisっている(※侮辱している)ようにも受け取れるスタンプですが、『田端をバカにするな!』といったお叱りを地元の方からいただくことはありませんでした」(櫻井さん)

 櫻井さんのスタンプで、「山手線で一番無名!」とイジられているが、それはあくまでも一般的な話。実は鉄道ファンの間では、田端駅は”聖地”とも称されるほどの知名度を誇る。

 その所以は、田端駅を一歩出れば一面に鉄道だらけの光景が広がっているからにほかならない。駅前にはJR東日本支社があり、田端運転所やJR貨物田端信号場駅庁舎なども点在。さらに、5~6分歩けば尾久操車場もある。田端は、鉄道ファンにとって夢のような空間なのだ。

 櫻井さんは鉄道ファンではないため、鉄道をモチーフにしたスタンプはつくらなかったが、今後リリースするスタンプには鉄道をテーマにしたモノも考えていると言う。

 LINEスタンプのように鉄道とは無関係なアプローチで田端を活性化させようとする櫻井さんのような人がいる一方で、真正面から鉄道を扱って田端を活性化させようとする人たちもいる。

 地域住民などで組織されている「東田端まちづくり協議会」は、鉄道の街・田端を積極的に活用したまちづくりを目指している。同協議会の藤田昌弘副会長は、こう話す。

「田端駅周辺を大規模開発しようという声は、1978年頃から地域住民の間で起こりました。東北新幹線の田端車両基地を縮小し、さらに貨物の田端操駅を移転させて、空いたスペースを大規模開発しようという計画でした。住民からの請願でしたが、当時の北区長や都議、区議も賛同し、政府などにも働きかけをおこないました。運動が本格化してくると、区長から、まちづくり協議会を設立した方がいいとアドバイスされたので、2003年に東田端まちづくり協議会を設立したのです」

 同協議会は、ミニSLを運行する”ぽっぽまつり”を開催したり、鉄道のモニュメントを制作して街に飾ったりしている。そうした取り組みが、鉄道の街・田端のPRに一役買っている。それらの活動のひとつとして鉄道八景を選定し、モニュメントの制作・設置を進めている。現在、鉄道八景は3か所の整備が完了した。

「東田端まちづくり協議会では”東田端レールパーク”構想を掲げて、田端の貨物駅から隣接する尾久操車場にシャトル列車を走らせたりできないかと駆け合ったこともあります。また、北区役所も協議会の動きを後押しするかのように、”今日は電車に会いに行こう!”というパンフレットを制作して、広く田端を鉄道の街としてPRしてくれています」(前出・藤田さん)

 同パンフレットはビューポイントが紹介されているだけではなく、小さな子供連れでも安心して散策できるようにトイレやベンチ、おむつ替えベッドのある場所まで明記されている。

 先日ラストランを迎えた寝台特急「カシオペア」や昨年に引退した寝台特急「北斗星」の車両基地も田端にあった。カシオペアや北斗星が引退したことで、カメラを持って田端を訪れる鉄道ファンの足は遠のいてしまうだろう。

 それだけに、鉄道の聖地・田端を活性化させようと奮闘する地域住民のみなさんにはエールを送りたい。

【関連記事】
「復旧時間差の理由」等震災を機に鉄道のあり方を問う書登場
北近畿タンゴ鉄道アテンダント 仕事は観光客へのおもてなし
10月14日は鉄道の日 どらやき、炒り豆など鉄道スイーツ登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP