ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

波乱万丈の正田樹「NPBのマウンド諦めるつもりはない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 群馬県代表として初めて夏の甲子園制覇(1999年)を果たした桐生第一高のエース・正田樹(34)は、NPB復帰の希望を捨てていない。正田は現在、独立リーグの愛媛マンダリンパイレーツで獅子奮迅の活躍を見せている。2014年、2015年は2年連続で最優秀防御率。2015年の独立リーグ日本一にも貢献し、年間MVPにも選出された。

 堂々たる結果を引っさげ、昨年11月には、自身3度目となる12球団合同トライアウトに参加した。打者3人に無安打2三振だったが、NPB球団からのオファーはなかった。2016年も愛媛で3年目のシーズンを迎える。

 練習場で練習が終わるのを待った。正田は「登板翌日なので軽めの調整」と謙遜したが、それでも1時間近くのランニングをこなしていた。

「なぜ諦めないのか」──不躾な記者の問いに、正田はきっぱりと答えた。

「子供の頃から夢見て、努力して、実際にプロ野球選手になれた。あのマウンドの充実感と緊張感を手放したくない。もちろん今も目指すのは日本最高の舞台であるNPBです。挑戦せずに後悔するより、無謀だと笑われても目指し続けたい」

 正田の野球人生はまさに波瀾万丈だ。1999年ドラフト1位で日本ハムに入団。2002年に9勝を挙げて新人王に輝いたが、2007年に移籍した阪神では一軍登板がないまま2008年オフに戦力外通告を受けた。

 その後、台湾・興農、ボストン・レッドソックスとのマイナー契約、独立リーグ・新潟アルビレックスを経て2011年オフにヤクルトで4年ぶりのNPB復帰。セットアッパーとして起用され、8年ぶりの勝ち星も挙げたが、2013年オフにまたも戦力外通告の憂き目に遭う。

 2014年は台湾に4年ぶりに復帰したが、シーズン序盤の5月に解雇。その直後、前ヤクルトコーチで愛媛のコーチになった加藤博人の誘いで、愛媛マンダリンパイレーツに入団した。

「自分だけの力ではここまで野球を続けられなかった。窮地でいつも誰かが手を差し伸べてくれた。アメリカから帰って来たときは、当時の新潟アルビレックスの監督だったヤクルトOBの橋上秀樹さんや、台湾で一緒だった高津臣吾さんに誘っていただいた。その後、4年ぶりにNPB(ヤクルト)に復帰できたのも2人の後押しがあったからです。

 今のチームに入団できたのも、加藤博人さんのおかげ。阪神を戦力外になった時に野球を辞めていたら、こんなに人の恩を感じることはなかった。NPBを戦力外になった選手でも復帰できるという前例を作れたことは、後に続く選手のためにもよかったですね。

 今年で35歳。これからは年齢との闘いです。それでも簡単にNPBのマウンドを諦めるつもりはありません」(正田)

撮影■小笠原亜人矛

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露
ヤクルト身売り騒動 誤報にも関係者からは「あり得る話だ」
元中日門倉 韓国でコーチ就任も「日本復帰への道は険しい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP