ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上條恒彦 本物の役者じゃないという思いはいつもある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 のびやかでスケールの大きい歌声で知られる上條恒彦だが、もともとは舞台に立つ役者を目指していた。上條が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 上條恒彦は高校を卒業した1958年、役者を目指して長野から上京、仕事を転々とした後、1962年に舞台芸術学院の十四期生として入学している。

「授業は大変でした。何が大変かというと、言葉です。自分では標準語を喋っているつもりでいたのですが、方言だけでなくアクセントもイントネーションも違うんです。それを直されました。それから、もともと運動があまり得意でなかったので、バレエのレッスンもつらくて。もう日々真っ暗でしたよ。

 僕は父親を早くに亡くしていて、家はとても貧乏だったんですが、山村ですから何かしら食うものはある。柿、栗、木イチゴ、キノコ、イナゴなどの虫類、蛙も蛇も食べました。ところが、舞芸に入ってからは何もない。
 
 最初は新聞配達しながら通学していたんですが、首になりまして。それでサンドイッチマンになったんですが、この仕事は雨が降るとあぶれます。そうすると一銭もなくなる。食うものがないってこんなにつらいことなんだと初めてわかりました。

 そんな頃、舞芸の二年先輩が歌声喫茶でバイトしていまして。こちらは屋根のないところで『いらっしゃい、いらっしゃい』で、向こうは屋根のあるところで歌を歌っていて、給料もいい。

 そうしましたら、別の歌声喫茶でアコーディオンを弾いてた先輩がオーディションしてくれて、彼の紹介でそちらの歌声喫茶に入れたんですよ」

 その後、上條は舞台芸術学院を辞め、歌手への道を歩むことになっていく。

「歌声喫茶では、見習いでコーヒーを運びながら歌の勉強をしていました。で、そこのマスターが『舞芸を出ても役者なんてやっていたら三十、四十になったって食えねえぞ。だけど、お前は声がでかいから歌をやれば何とか食えるようになるかもしれない』って言うんですよ。

 その言葉は説得力がありました。腹ぺこの時に『食えるぞ』という言葉は重くて。それで舞芸を辞めました。高校を卒業する時に兄貴やおふくろを説得するのに『新劇の俳優になるんだ』と啖呵を切って、自分も俳優を一生の仕事にしようと思っていました。舞芸に入る前に働いていた時も、その望みを秘めて頑張ってきました。そうやって長年温めてきた夢を、腹減ったぐらいのことで諦めていいのかという忸怩たるものはありました。

 で、その時に『役者の道を見限るんなら、もう絶対に役者にはならない。歌で頑張るぞ』と誓いを立てました。それからはピアノを練習したり、楽譜を読めるように勉強しました。

 今でも、舞芸の同期で役者をやっている人が何人かいるんですけど、そういう奴こそが役者なんだと思いますよね。食えなくても、ずっと芝居に命を捧げてコツコツと芝居を積み上げてきて、自分の世界を積み上げてきて。五十年も六十年も食うや食わずのことをやっているのは凄い。若い頃の僕には想像もできなかった世界です。

 僕は、歌が売れて顔が売れたもんだから役者の仕事が来たわけですが、本物の役者じゃないという思いはいつもあります」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬神家の一族」』(ともに新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館刊)が発売中。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
平泉成の芝居論「スターはベンツに、役者は電車かバスに乗れ」
三國連太郎 冬場でも本番になると鼻水がピタッと止まった
『GANTZ』脚本家 ジャニーズ×歌舞伎のバディー作品書きたい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP