ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古川聡 宇宙飛行士だからこそ語れる「世界平和」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J‐WAVE平日(月〜木)夕方の番組「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。毎回、時代のフロントランナーに“ここだけの話”をうかがってきた番組も今週がラストウィーク。月曜からJAXA宇宙飛行士の古川聡さんに登場いただき、「無重力では全てが相対的になる」ことや「昼夜の概念がなくなる世界」であることなどをうかがってきました。

番組最終回となる3月31日のオンエアでは「はじめて宇宙から地球を見た時」の話、そして「宇宙飛行士として大切にしていること」についてうかがいました。

* *  *

ジョン・カビラ:古川さん、宇宙飛行士として初めて地上400kmから地球を見た時、どんな思いでしたか?

古川さん:実はすぐには見られなかったんです。窓が横にあるのですが、横を見ようとすると気持ち悪くなることが多いんです。船長は半年間滞在した経験がありまして、よく知っていますので「君は私の船長補佐として、きちんと仕事をしてもらわないと困るし、気持ち悪くなるといけないから、すぐには窓を見ないでほしい」と。

ジョン・カビラ:うわ〜! せっかく着いたのに……。

古川さん:見るのはしばらく経ってからにしてほしいと言われたんです。だから、見たいのに我慢して、2〜3時間経ってからひと段落したところでゆっくりと見たんです。すると、地球が青く綺麗に見えたんですけど、海の色よりもやや濃い色で縁取りがされているんです。

(中略)

ジョン・カビラ:宇宙飛行士として、大切にしてらっしゃることにはどんな風にお答えになりますか?

古川さん:色々な国際的なチームで仕事をさせていただいた経験を活かして、チームとして高いパフォーマンスを出せるように、自分がその中のリーダーになったとしても心がけていきたいと思っています。

ジョン・カビラ:それは風通しがよくてオープンで、みんなの意見はちゃんと聞いているよ、という環境作りが大変ですね。

古川さん:それはなかなか難しいですね。でも、とてもやりがいがあって素晴らしいことです。

ジョン・カビラ:考えてみると、たかだか30年前、まだ冷戦の名残があったり、新しい冷戦になっているとみられる向きもありますので、ロシアとアメリカのように文化の衝突がありますよね。

古川さん:実は私がバックアップとして訓練をしていた時に、米国人とロシア人のチームと、ソユーズをやっていたんですけど、その時の米国人の飛行士はFの飛行士なんですね。ロシア人の人はミグの戦闘機乗りで、今は仲良く訓練をしていますけど、「ひとつ時代を間違えたら戦っていたかもしれないね」と語りつつ、「でも今は一つの国際チームとしてちゃんと試験も通ってやっていますよね」と。笑い話ですが、国際協力の素晴らしさの象徴かなと思いました。

ジョン・カビラ:結局、一緒に何かのタスクがある、一緒に何かのミッションがある。文化や歴史、宗教観も含めて色々な文明の対立があると言われていますけど、共通の目的があれば乗り越えられるんですよね。

古川さん:その通りです。

【関連サイト】

「KIRIN ICHIBAN SHIBORI ONE AND ONLY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/oneandonly/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP