体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「子どもの絵」をおしゃれに飾る方法を試してみた

kodomonoe_main

幼い我が子が描いた絵。親にとってはどんな名画より価値ある宝物だろう。リビングに飾り、いつまでも愛でていたいと思いつつ……、子どもの絵を飾ると、どんなオシャレ部屋も一気に所帯じみてしまうのが悩ましい。そこで、安価な材料を駆使して「子どもの絵を違和感なく、オシャレに飾る」方法を探ってみた。

子どもがいないので自分で描きます

しかし、検証にあたって問題がひとつある。それは筆者が独身で、子どもがいないことだ。知人の子どもに「おじさんの似顔絵描いてよ」とお願いしようかとも思ったが、たぶん涙が出てしまうのでそれはやめておいた。

そこで、もういっそ自分で描いてしまうことにした。幸い、絵心のなさには自信がある。5歳児の絵のクオリティを再現することなど、造作もないことだ。

まずは参考までに、インターネットで「子どもの絵」と検索してみる。【画像1】すると、こんなふうな微笑ましい作品が多数ヒットした(写真:Hemera / thinkstock)

【画像1】すると、こんなふうな微笑ましい作品が多数ヒットした(写真:Hemera / thinkstock)

改めて観察してみると、子どもの絵って何ともフリーダムである。常識や既成概念に縛られない構図、色彩、モチーフ。その表現は、僕ら大人が失ってしまった天才的なイマジネーションに溢れている。

……と、一見セオリーがないように思える子どもの絵だが、それでもじっくり眺めていたら共通点や特徴がなんとなく分かってきた。その傾向をふまえ筆者が描いた、「大人による子どもの絵」がこれだ。【画像2】左上:子どもはとかく、パパとママのどちらかをデカく描きがち。身体は棒で、腕は棒の真ん中あたりからニョキっと出ていることが多い。右上:描きたいものを描くのが子ども流。虹と流れ星が同時に現れるし、草むらの陰から突然ロケットが発射されたりもする。下:子どもの脳内はいつだってファンタジーな妄想にあふれている。それゆえ、大人には想像もつかない架空の生き物を描き出してしまう(絵:榎並紀行)

【画像2】左上:子どもはとかく、パパとママのどちらかをデカく描きがち。身体は棒で、腕は棒の真ん中あたりからニョキっと出ていることが多い。右上:描きたいものを描くのが子ども流。虹と流れ星が同時に現れるし、草むらの陰から突然ロケットが発射されたりもする。下:子どもの脳内はいつだってファンタジーな妄想にあふれている。それゆえ、大人には想像もつかない架空の生き物を描き出してしまう(絵:榎並紀行)

雑貨を使って、違和感なく飾ろう

このように、35歳のおじさんが描いたにしてはなかなか微笑ましい3枚が完成した。我ながら、どんな素敵インテリアも台無しにしてしまう破壊力だと思う。

では、これらをさっそくオシャレに飾ってみよう。なお、使用する材料は、安くてカワイイ生活雑貨、ステーショナリーがそろう「Flying Tiger Copenhagen」で購入した。いずれも100円~500円程度で手に入るものである。【画像5】全部合わせても、しめて1500円くらい(写真撮影:榎並紀行)

【画像5】全部合わせても、しめて1500円くらい(写真撮影:榎並紀行)

まずは、マスキングテープで壁に「額縁」をつくってみよう。最近はかわいいマステ(マスキングテープ)が数多く発売されていて、女子中高生の間で人気らしい。筆者は女子でも中高生でもないが、かわいいものは大好きだ。【画像6】かわいいマステで壁に「額縁」をつくり、子どもの絵を貼る(写真撮影:榎並紀行)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。