体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【きみはそれでいい】ソフトバンクが東北の高校生をUCバークレー校へ招待し続ける理由

東日本大震災から5年。被災地以外での災害に対する人々の関心が風化していくなか、ソフトバンクグループ株式会社は、岩手・宮城・福島の高校生を米国カリフォルニア大学バークレー校で行われる3週間の集中セミナーに無償で招待し、グローバル・リーダーシップと地域貢献を学ぶ「TOMODACHI ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」(以下、TOMODACHIプログラム)を10年間継続して行う予定だ。同プログラムは、在日米国大使館と米国の非営利公益法人米日カウンシルと共に2012年から毎年夏に行われている。

f:id:w_yuko:20160330181626j:plain

  このプログラムの継続を決めた背景には、同社社長の孫正義氏自身の強い思いがあった。地元・福岡で、悶々とした少年時代を送っていた孫氏が、米国カリフォルニア州へと初めて渡ったのが15歳の夏。帰国後、地元の高校を中退。サンフランシスコにある高校へ転学後、飛び級制度を利用して、わずか2週間で卒業。カレッジを経て、編入したのがアメリカきっての名門校、UCバークレー校だった。在学中、音声機能付き電子翻訳機をシャープに売り込んで得た資金を元手に起業し、世界的な成功を収める礎を築いたのは有名な話だ。

そんな孫氏の座右の銘は「志高く」。境遇は違えど、突然の巨大災害に遭い、苦難に直面していた東北の高校生たちに、かつての自分の姿を重ね合わせたという。

16歳の時に渡米し、新しい文化やライフスタイルに触れたことで私の人生は変わりました。挑戦することで未来を変えることができます

同プログラムではどのような学習が行われているのか。また、孫氏のDNAを受け継いだ卒業生たちは、震災から5年経った今、何を思い、何を志しているのか。立ち上げから携わってきた堀田真代さんと、今年度から堀田さんの任務を受け継いだ佐々木梨乃さんに話を聞いた。

f:id:w_yuko:20160330155532j:plain

▲4期生とハイチーズ。向かって一番左が堀田真代さん、一番右が佐々木梨乃さん

自分の通った道を、被災地の高校生たちにチャンスとして提供したい

――TOMODACHIプログラムはどのように始まったのでしょう。

堀田:震災から間もなくしてから、孫と当時の駐日米国大使、ルース氏の対談がありました。その際に、「日本人は英語力が低いため、外国人と対等に戦えていない。ならば、全員留学をする仕組みを作ればいい」といった意見が出ました。その後、二人の間で、孫の母校であるUCバークレー校へ、被災地の高校生たちを無償で招待するというプランへと具体化していき、2012年2月3日に発表しました。TOMODACHIという名称は、日本と米軍が一緒に復旧支援をした「トモダチ作戦」からきています。

このプログラムが実現した背景には、何より孫の強い思いがありました。在日韓国人として育ち、貧困や差別を経験しながら、フラストレーションの中にいた孫は16歳で渡米したことで、新しい文化に触れ、自分の可能性を見出し、人生が大きく変わりました。人それぞれ困難のかたちというのは違うものですが、自分が経験した困難と、突然起こった東日本大震災の中で困難を抱える高校生を重ね合わせ、自分が通ってきた道を、被災地の高校生たちにチャンスとして提供したいというのが一番の理由でした。

 

――希望者はすぐに集まったんですか?

堀田:岩手・宮城・福島の高校生を集めたら、10万人は超えるはずなのに最初はほとんど集まりませんでした。教育委員会にお願いして学校にポスターを貼ってもらったり、新聞に広告を出したりもしたのですが、反応は鈍く、あせりました。

情報が到達していない、親や学校の先生に反対された、不安があるなど、考えられる理由は多々ありましたが、とにかく締め切りまでの1カ月半はほぼ東北に張り付きで、沿岸部にある高校を50校くらい自分の足で回り、地元のコンビニやスーパーにもポスター貼りをお願いしました。

そうこうするうちにどんどん応募者が増えていき、最終的には300人の枠に対して、2000人を超える応募がありました。

f:id:w_yuko:20160330155536j:plain

 選考基準は「夢を持ち、経験を生かして飛躍できそうな子」

――2000人から300人を選ぶのは大変そうですが、選考するうえで重視した点は?

堀田:孫はよく「志高く」と口にします。なので、このブログラム自体、夢を追いかけ、夢を見つけるきっかけになってほしいと思い、夢を持っていそうな、この経験を生かして飛躍できそうな生徒を選びました

募集してみて初めてわかったことですが、多くの高校生たちが、世の中にどれくらいの職業があるのか、自分はどれくらいの可能性を秘めているかを知らないんです。約6割の子たちは、教師や保育士、医者や看護士など、自分の身近にある職業を「夢」に書いていました。そのことに正直驚かされて、それがのちに、ベイエリアで活躍する日本人の方々を集めて、自分が生きてきた道を語ってもらうキャリアセミナーへとつながりました。

――日本の教育とどこが違うのでしょうか。

堀田:TOMODACHIプログラムでは、日本でいうところの建築学部の町づくり科で、リーダーシップと地域貢献をかけあわせた教育を生徒たちは受けます。同プログラムは、UCバークレー校のデボラ・マッコイ教授が10年以上前から提唱している問題解決型のワークショップY-PLAN(Youth-Plan, Learn, Act, Now!)を利用しています。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。