ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これさえあれば、堀北真希さん顔。おさえておきたい求心顔バランス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんこんにちは。ヘアメイクアーティストの新見千晶です。

最近結婚され、ますますその美しさに磨きがかかった女優・堀北真希さん。彼女の美人ながらも小動物のようなかわいらしさもある顔は、とても魅力的です。

堀北さんの顔をよく見てみると、顔のパーツが中心寄りの、求心顔であることが大きな特徴。この堀北さんの顔バランスは、メイクによって近づけることができるんです!

眉と眉の距離を近づける

顔の中心にある両眉頭の距離が離れていると、顔のパーツ自体も離れて見えてしまいます。そこで、両眉頭を少し書き足して、眉と眉の距離を近づけることで、求心顔バランスを手にいれることができるんです。

眉頭を書き足すときは、アイブロウパウダーの方が仕上がりが自然。眉全体としては、やや太めのラウンド眉で、眉山はしっかりめに描きましょう

おすすめコスメ

ヴィセリシェ アイブロウ&ノーズパウダー (BR30)

ヴィセリシェ アイブロウ&ノーズパウダー (BR30)

1,188円

購入する

薄づきのパウダーなので、眉頭を描くのにぴったり。

色をたくさん使わずに目を大きく

目全体、とくに黒目をぱっちりと大きくみせていきます。

でも、アイラインやアイシャドウを濃くというわけではなく、とにかくナチュラルに目を大きく見せる必要があります。

▽HOW TO

1. 薄いベージュのアイシャドウをアイホール全体に塗る
2. 茶色のペンシルアイライナーで目のキワにアイラインを引く
3. 黒のリキッドアイライナーで、黒目の上にだけもう一度ラインを引く
4. 下まぶたの目頭部分にだけブラウンのアイライナーでインサイドラインを引く

全体に黒のアイラインをばっちり引いてしまうと、目が引き締まりかえって目が小さく見えてしまうことがあります。そのため、柔らかい印象を与えるブラウンで引く方が◎

また、黒目の上にだけ黒のラインを引くことで、黒目を大きくみせてくれるんです。

さらに、目頭部分にブラウンのインサイドラインを引けば、両目が近づいて見えて、さらに求心顔バランスになります。

おすすめコスメ

K-パレット ラスティングアイライナー03

K-パレット ラスティングアイライナー03

540円

購入する

鉛筆タイプのアイライナー。ぼかしやすく、落ちづらくて優秀なのに、コスパがいいのもうれしいところ。

目の錯覚で整った鼻筋を演出

堀北さんといえば美しく整った鼻筋も特徴のひとつです。

ノーズシャドウを目頭横にうっすら、鼻筋にはホワイトパウダーを入れて目の錯覚でぐっと鼻を高くみせましょう。顔の中心にある鼻筋が高くなると求心顔に近づき、小顔効果もあるんです。

おすすめコスメ

キャンメイク ノーズシャドウパウダー N ナチュラル 6.8g

キャンメイク ノーズシャドウパウダー N ナチュラル 6.8g

734円

購入する

ブラウン&ホワイトが1つのパレットに入っているので、とっても便利!

フェイスラインにはV字シェーディング

堀北さんは、ヘルシーな美肌にシャープな顎のラインの持ち主です。

▽HOW TO

1. オレンジ系のチークを顔の中心寄りにうっすら塗る
2.大きめのブラシを用いて、ブラウンのシェーディングパウダーをフェイスラインに塗る

チークを塗るときは、外側に塗ったり、楕円形に入れてしまったりとせっかくの求心顔メイクが台無しになってしまうので要注意。

また、フェイスラインは、顎をとがらすイメージでV字にシェーディングを入れてください。

おすすめコスメ

キャンメイク シェーディングパウダー03 ハニーラスクブラウン 4.4g

キャンメイク シェーディングパウダー03 ハニーラスクブラウン 4.4g

734円

購入する

マットなパウダーが顔をぐっとシャープに見せてくれる優秀アイテム。

4つのポイントさえ掴めば、堀北さんフェイスを手にいれることができます。

image by gettyimages

■ あわせて読みたい

・忙しいなら。ほぼ失敗しないネイルシールが、東京女子の味方
・東急プラザ銀座のディオール。売切続出のアイシャドウが手に入るかも!
・何気ないのに今っぽい。ゼロからわかるヘアスタイリング ブロー編【動画】
・桜色に頬を染めて。お花見でぐっとかわいく見えるメイク
・知ってる? ベッドタイムに避けたい香りと眠りに良い香り
・一緒にお風呂に入るカップルは、仲良し度が深いらしいわよ〜! ♯オネエ調べ
・大きさ、形、色。あなたの胸の悩みは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP