ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ふるさと納税で旅に出るという選択。税金の幸せな使い道について考える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

節税の方法として注目されている「ふるさと納税」。興味はあるけれど実際に寄付をしたことはない・・・という方も多いのでは?

今回は、なにがどうお得なの? どんなことができるの? 人気の理由は? といったところも含めて、「ふるさと納税」についてお話したいと思います。

ふるさと納税って?

そもそも、ふるさと納税ってなに? という方もいらっしゃると思うので、簡単に説明させてください。

ふるさと納税とは、日本各地にある自治体に寄付をすること。その寄付で自治体を応援することができる上に、お礼にいただける特典を通じて、その地域の新たな魅力を知るきっかけにもなります。つまり、地域の活性化に貢献でき、自治体も喜び、寄付した側もお得になる、とても幸せな制度なのです。

人気の理由は?

(1)好きな地域に寄付できる

「ふるさと」とついていますが、寄付する地域は全国どこでもあなたの好きな場所でOK。また、複数の地域に寄付できるのも人気の理由です。よく休暇で訪れる地域、おばあちゃんが住んでいる地域、どこでもあなたの新しいふるさとになります。

(2)お礼の品がもらえるかも

(C) facebook/ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」

寄付をすると、お肉やお魚、野菜や果物、工芸品、その自治体を代表するお礼の品が送られてくる場合も。産地直送なので新鮮で美味しい! という声も多く耳にします。ふるさと納税をきっかけに知ったお礼の品を購入したいというリピーターも増えているそうですよ。

(3)寄付額の応じて、税金が還付または控除される

ふるさと納税したお金は、「寄付金控除」として節税することができます。自治体から送られてくる「寄付金受領証明書」を大切に保管しておき、確定申告の際に税務署に提出すれば還付金が戻ってくるのです。実質負担額は、2,000円だけ。ですが、むやみに納税すると、自己負担が増えて損する場合も。年収によって上限金額があるので、きちんと把握しておきましょう。

(4)税金の使い道が選べる

寄付した税金の使い道は、ほとんどの自治体で選択することができます。例えば、震災復興、動物殺処分ゼロ運動、文化財を守る運動・・・税金の中で唯一、使ってほしいものにお金を使ってもらえる制度です。

ふるさと納税で旅に出よう!

宿泊したり、お土産を購入したり、美味しいグルメ堪能したり・・・旅行をすると、人が動き地域が活性化しますよね。現地の経済波及効果はかなりのものです。ですが、ふるさと納税の約99%は、上記で紹介したようなモノ(各地の名産品等)で消費されており、旅行(体験)の消費はわずか1%なんだそう。

そこで、JTBとふるさと納税を取り扱う総合サイトとして最大の「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンクが、先日業務提携をしました。つまりどういうことかと言うと・・・

今まで「モノ」の消費が当たり前だったふるさと納税に、より多くの選択肢が生まれることになります。旅好きのTABIZINE読者の皆さんにとって、簡単に旅行クーポンと交換できるとなれば、ふるさと納税が今までよりも身近に感じるのではないでしょうか。もちろん、筆者もそのひとり。

今年は「ふるさと納税」で、あたらしいふるさとを見つける旅に出てみせんか?

[ふるさと納税旅行クーポン詳細]
[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP