ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貼るだけで「血糖値管理」ができるパッチが開発中!(韓・大学)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだろうと期待されているパッチが、2016年3月21日の「Nature」に発表されました。

腕に巻くようにして貼って使い、汗から血糖値をはかって投薬まで。自動で機能するため、貼っておくだけでいいのだとか。

このウェアラブルデバイスは、ソウル大学校によって開発されているもの。汗のpH値や体温変化から血糖値の上昇を感知でき、必要に応じて熱で表層のコーティングを溶かします。すると、小さな針が肌に突出し、メタフォーミンを投与できる仕組み。痛みは殆ど無く、ひりひりする感覚を覚える程度だそうです。

写真のとおり、測定と投薬の2つの機能を分けて持たせており、この仕組によって、1日を通して血糖値を管理できるように開発が進められているとのこと。

HealthDay」によれば、将来的に1型2型どちらにも対応できるようになると考えられていますが、発汗量の変動や、24時間安定的に利用できるかなど、課題はまだ残っている状態。しかし、研究に携わったリチャード・ガイ博士のコメントは、「市場に出るまでに5年かからないだろう」と前向きです。

Reference:HealthDay
Licensed material used with permission by Seoul National University

関連記事リンク(外部サイト)

アプリと連動して、レシピの提案からカロリー計算までしてくれる「スマート弁当箱」
たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
驚くほど、ぐっすり眠れる「デジタル耳栓」に注文殺到

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP