体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「見てるだけで行きたくなる!」 モロッコの邸宅ホテル4選

160322_morocco-riad

「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませています。

モロッコの都市、フェス旧市街に数あるリヤドのなかでも、厳選した4件を紹介。フォトジェニックなその佇まいは、旅への衝動を駆り立ててくれます。

01.
ファーストチョイスは、
王道にして老舗
『ラ メゾン ブルー』

有名な法律家の邸宅を改築した高級リヤド。築100年を超えるフェス屈指のリヤドは、重厚感のある内装で、部屋も落ち着いた雰囲気が漂う。

また、本館とは別に、少し離れたところに屋内プールとスパを備えたアネックスにも泊まれる。ブッキング・ドットコムでは予約不可。予約は本館、アネックスともに英語の公式ホームページからとなる。
www.maisonbleue.com

02.
広々とした中庭と
センス抜群の調度品
『リヤド ダール タフィラ ルト』

パティオと呼ばれる中庭がとりわけ広く、美しい。日中は太陽の光が、暗くなってからは水まわりにおかれたキャンドルが、館内を神秘的に照らす。全体的には白を基調とつつ、各部屋は個性的な色で装飾されているので、予約の際は自分の好みの色を探してみて。

家具や調度品はセンス抜群。マッサージルームとハマムもあり、別料金だが宿泊者は割引になる。予約、詳細はブッキング・ドットコムからでも可能。「Riad Dar Tafilalet」で検索。
www.riadtafilalet.com/

03.
屋上のテラスから
旧市街を望む
『リヤド ダール アッシア』

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会