体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今すぐ実践!】自立した「技あり女子」になるための10のヒント

independent-lessons2160331-03

いま、「ひとり身」の女性たちに届けたい記事を「Elite Daily」よりピックアップ。街を行くカップルたちを羨むような目で見てばかりいては、モッタイナイ!こう豪語する女性ライターJen Ruiz氏。要は、“おひとりさま”の過ごし方に、次のキラキラした恋愛はかかっている、ということのよう。

01.
絶対に自分に妥協しない

ひとりでいることは大変なときもあります。でも、自分に合わない相手と付き合うことになれば、もっと大変。日々、前向きに過ごしていたら、自分のことをよく理解したり、友だちや家族と楽しい時間を過ごしたり、仕事を頑張ってキャリアアップしたりと、充実した人生を送っているはず。

そんな毎日を、あなたにちょっとしか興味のない人に台無しにされてはもったいない。寂しいからといって妥協してはいけません。ちゃんと「これだ!」と思える人が現れるのを待ちましょう。

02.
“おひとりさま”を
思いっきり楽める

退屈だったり、辛い気持ちのとき、ひとりでいるのが酷に感じることもあるでしょう。けれど、できることなら誰かに頼らなくても自分の力で幸せでいられる人間になっておきたいもの。

四六時中、誰かにかまってもらうことをアテにしている人は、ときにうっとうしいし、未来の彼もあなたが「自分なりの楽しみ方」を持っていることを歓迎してくれるはずだから。

自分を刺激する本を読んだり、映画を観たり、新しい趣味を見つけてみたり、ジョギングしに出かけたり…。ひとりでも楽しい時間を過ごすためにできることは、たくさんあります。

03.
自分を「いやす」達人になる

independent-lessons2160331-01

具合が悪いときや悲しいとき、面倒を見てくれたり、ぎゅっと抱きしめてくれたり、ゆっくり話を聞いてくれる人がいるのは、とても素敵なこと。

そうした人がそばにいない場合は、ぜひ自分で自分を「いやす」技を身につけたいところ。美味しいワインをぐっと飲んだり、お気に入りの入浴剤でアワアワのお風呂に入ってみたり、「これをすれば元気になれる」という方法を見つけておくと安心。

たとえ将来結婚してからだって、ピンチのときに旦那さんが出張中なんてこともあるかもしれない。マスターしておいて損はないでしょ?

04.
友だちの幸せを祝福する

歳を重ねていくにしたがって、友だちの「結婚」や「出産」を素直に喜べない感情が顔を覗かせることもあるでしょう。でも、そこで辛い顔をしていたり、不満な態度をとっていたら、あなたに訪れるはずの幸せさえも逃げて行ってしまうかも。

05.
「過去」を美化していない

忘れられない“元カレ”が一人二人いますよね?でも、いつまでも別れた彼を引きずっていたり、ずっと頭の片隅においておくのは、決していいこととは言えません。あなたと元カレが、実は運命を感じあうようなソウルメイトで、巡り巡ってまた一緒になれる可能性は、残念ながらかなり低いのですから。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。