ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニキビを治す効果のあるハーブで、スッキリ肌になっちゃおう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ニキビを治す効果のあるハーブで、スッキリ肌になっちゃおう!

いつまでも治らないニキビ肌は女性の悩みの種。しっかり洗顔し、専用コスメでケアすることも大切ですが、内側からケアすることによって、ニキビ肌を根本から改善することができるのです。油っぽい食事やジャンクフードを避けて、野菜やフルーツをたくさん食べるのは基本ですが、それに加えてニキビ肌を改善するハーブを利用してみてはいかがでしょうか。

どうしてハーブがニキビ肌の改善に?

ハーブはごく普通に料理に取り入れられているものも多いですが、もともとは薬効が高く、病気やケガの治療にも使われているものです。ハーブの種類によって、お肌をすっきりニキビ肌を改善する成分が含まれているものもあるのです。例えば、抗酸化力が高いクロロフィルは代表的なお肌にいい成分。その他にも炎症を抑える働きがある成分や、殺菌効果が高い成分などが含まれているハーブもあります。お肌の症状に合わせて上手に利用すれば、すべすべのきれいなお肌を手に入れることができますよ。

ニキビを治す効果があるハーブはコレ!

【バジル】

ピザやパスタ、サラダに大活躍のバジルは、実は栄養が豊富なハーブです。注目は抗酸化力の高いβ-カロテンが豊富なこと。シミやシワ、炎症のもととなる活性酸素を抑える効果があります。またバジルの香り成分には抗菌・殺菌作用があるのも特徴です。

【パセリ】

お料理の横に添えられているパセリも立派なハーブ。抗酸化力の高いクロロフィルと、コラーゲンの生成を助けるビタミンCが豊富なので、残さずに食べましょう。苦みが苦手という方もいますが、細かく刻んで料理に使えば、思いのほかたくさん食べることができます。

【オレガノ】

バジルと並んでイタリア料理に欠かせないのがオレガノです。胃腸の荒れや食欲不振に効果があるハーブですが、これは殺菌効果が高いということ。抗酸化力が高いクロロフィルも豊富なので、肉料理やトマト料理には忘れずに使うようにしましょう。

【セージ】

香りの強いセージには炎症を鎮める効果があります。殺菌作用も高いので、ニキビのもととなる細菌を除去してくれる効果も。肉料理に使えば肉の臭みを消してくれますし、スープに入れれば深い香りを出すことができて重宝します。

【ミント】

さわやかな清涼効果が高いミントには、クロロフィルが多く含まれています。もちろん、ハーブティーにして飲んでもOK。炎症を抑える効果もあるので、お肌もすっきりしますよ。

意外に身近なハーブがニキビにも効果的なのです。意識的に摂取して、内側からのケアに取り組んでみてくださいね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。