体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その辺の道脇を掘れば出てくるらしい、シエラレオネのダイヤについて

Photo Credit:Masashi Amano「シエラレオネ東部のケネマで、ダイヤモンド採掘現場に行ってみた」

Photo Credit:Masashi Amano「シエラレオネ東部のケネマで、ダイヤモンド採掘現場に行ってみた」

こんにちは、Compathy Magazineライターの天野です。
西アフリカの小国、シエラレオネ。僕がなぜこの馴染みの薄い国に興味を持ったのかというと、『ブラッドダイヤモンド』という映画を観たからでした。

この映画の舞台がシエラレオネで、ほんの15、6年前まで起こっていた内戦のお話です。そして、紛争の資金源となっていたダイヤモンドがテーマとなっています。主演は最近アカデミー賞を取ったレオナルド・ディカプリオ。個人的に好きな映画の一つです。

映画の中で、反政府ゲリラが捕虜に、川の泥をザルで濯がせて大粒のダイヤを見つけるシーンがあります。それを見て僕は疑問に思っていました。ダイヤといえば高級品。「そんな簡単なやり方で見つかるのか?」と。

そういった理由もあって、僕は西アフリカの旅の中でシエラレオネを通過する際に、見られるものならダイヤの採集現場を見てみたいと思っていたのです。念のため言っておきますが、別にダイヤに魅せられたわけでも、一攫千金を夢見たわけでもありません。単なる強い好奇心から、そう思ったのです。

ダイヤモンドの街、ケネマ

シエラレオネの首都、フリータウンを出てリベリアに向かう中継地点となる東部の街、ケネマ。ここは近郊で採れるダイヤで栄えている街です。
photo Credit:Masashi Amano「シエラレオネ東部のケネマで、ダイヤモンド採掘現場に行ってみた」

photo Credit:Masashi Amano「シエラレオネ東部のケネマで、ダイヤモンド採掘現場に行ってみた」

フリータウンから乗り合いタクシーでケネマに到着すると、そこにはたくさんのダイヤモンドオフィスが! 見つかったダイヤをここで買い取っているようです。ちなみに店主は、中東系とインド系が多い印象でした。街自体に活気があり、一攫千金を夢見る有象無象が集まっているという感じで、非常に面白い雰囲気。

ダイヤモンド商の一人から、採集現場は街から15〜20キロほどのところにあると聞いた僕は、バイクタクシーを雇って行くことにしました。ドライバーが集まるところに行き、行き先の希望を伝えると、「なんのために行く? 調査か?」と言って、みんなドッと笑います。彼らの目には、僕はダイヤに目が眩んだ怪しいアジア人と映ったのかもしれません。その中でムハンマドというムスリムの若者のバイクにまたがり、出発しました。
Photo Credit:Masashi Amano「シエラレオネ東部のケネマで、ダイヤモンド採掘現場に行ってみた」

Photo Credit:Masashi Amano「シエラレオネ東部のケネマで、ダイヤモンド採掘現場に行ってみた」

ダイヤモンドの現場へ

ムハンマドが最初に連れて行ってくれたのは、草をかき分けた先にあった川。ここでは映画で見たように、川底の泥を濯いでダイヤを探す場所のようでしたが、誰も人がいませんでした。

「今日は休日なんだ」と、ムハンマド。

人が採集している姿を撮りたいと伝えると、ムハンマドは別の場所に僕を連れていきました。着いた先は、道路のすぐ脇にいくつもの大きな穴があるような場所でした。ここでは穴を掘ってダイヤを探しています。休日なので少ないですが、人足の姿も見られます。それにしてもこんな道のすぐ脇の、簡単に行ける場所でダイヤが見つかるとは…。ダイヤって、この国では石ころに毛が生えた程度のものなのかもしれません。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会