ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4/4付ビルボードジャパンチャートおよび3/21~3/27 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫
4/4付ビルボードジャパンチャートおよび3/21~3/27 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による4月4日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年3月21日〜3月27日)および2016年3月21日〜3月27日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」初週71万枚を売り上げビルボード総合首位獲得

卒業を発表した深川麻衣の初センター曲で最後のシングル曲となる、乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」が、シングルを71万枚売り上げセールス1位、ルックアップ1位とフィジカル領域で変わらずの強さを発揮、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。同曲は、ラジオ16位、ダウンロード9位、Twitter4位と、他指標でも高ポイントをマークしており、一般層へも訴求を広げている乃木坂46の躍進ぶりがよく分かる結果となった。

ダウンロードで1位となったのはaiko「もっと」。3月15日に最終回を迎えたTBS系火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」主題歌で、最終回のオンエアと同時に解禁となったストリーミングでも1位と、ダメ恋ロスのユーザーにアピール、両データのポイントが押し上げ前週8位から総合2位に返り咲いた。PCでの読取回数を示すルックアップでは、3位→5位→7位と下降傾向にあり、デジタル領域での好調がフィジカルにも波及してロングヒットに繋がるか、次週のチャートに注目だ。

両曲ともドラマのタイアップが付いた、嵐のニュー・シングル「I seek/Daylight」が5月18日に発売されることが決定、そのニュースのTweet数が急伸、Twitterで1位2位に立ち、「I seek」29位、「Daylight」35位と、総合Hot100でも早くも初登場している。

アジカン「Re:Re:」がチャートイン5週目でアニメチャートを制覇 『僕だけがいない街』オープニング曲

タイムリープ(ワープ)を巧みに用いた物語で、今期人気を集めているミステリー・アニメ『僕だけがいない街』。そのオープニング・ソングに起用され12年越しのリバイバル・ヒットとなっているのがASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」。先週の2位に引き続き今週は遂に1位を獲得、アニメチャートを制覇した。同曲は2004年のアジカンのアルバム『ソルファ』に収録されたアルバム曲だが、今回の起用に合わせてシングルとしても3月16日にリリース。指標別には、ラジオプレイ 1位、デジタルセールス 2位、Youtube 4位とCDセールス以外の部分で今週ポイントを伸ばした。

その「Re:Re:」に逆転される形で今週2位に転落したのが、『おそ松さん』のエンディング・ソング、トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松の「SIX SHAME FACES〜今夜も最高!!!!!!〜」。CDセールスは依然好調だったが、Youtubeとラジオの2指標が伸びず2週連続の首位とはならなかった。

今週3位は、ケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」。『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌である同曲はCDリリースは4月20日とまだ先だが、デジタルが先行して解禁されそこで大きくポイントを積み上げた。また、3月23日以降の新リリースものでは、Apink「Brand New Days」(『リルリルフェアリル〜妖精のドア〜』オープニング)、La PomPon「運命のルーレット廻して」(『名探偵コナン』エンディング)などがチャートインしている。

グウェン、ジャスティン、ゼインらの強敵を抑え、ザ・ウィークエンドが洋楽チャート2週目のNo.1をキープ

先週初のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”首位をマークしたザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」が今週も1位をキープした。

エアプレイ・チャートでは先週7位から5位へとランクを上げ、さらにポイントを稼いだ「キャント・フィール・マイ・フェイス」。今週洋楽チャート2位にジャンプアップを果たしたグウェン・ステファニー「メイク・ミー・ライク・ユー」のエアプレイ・ランク(4位)には僅差で及ばなかったものの、動画再生ポイントを積み上げ、今週も1位を死守する結果となった。4月の初来日公演が5分で完売するなど、リスナーやメディアからの注目度に加え、来日にむけてプロモーションがさらに過熱することも予想され、今後もTOP3圏内に留まり続けることは濃厚だろう。

4位には、3月25日に待望のソロ・デビュー作『マインド・オブ・マイン』をリリースしたゼインの「ピロートーク」が再浮上。アルバムの発売に伴い、エアプレイ、デジタル・セールス、動画再生回数など、バランスよくポイントを積み上げ、再びランクを上げてきており、8位には「ライク・アイ・ウッド」が初登場している。同曲は、アルバム発売日に米人気TV番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』で披露され話題となり、エアプレイに加え、Twitterポイントにもその効果が跳ね返ってきている。米ビルボード・アルバム・チャートでは、現時点までに積み上げたユニット数から1位になると予想されるなど、世界中で大ヒットとなっていることを受け、今後の国内のチャート動向も気になるところだ。

17位には、フィフス・ハーモニーの「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」が初登場。この曲は5月20日にリリースされる2ndアルバム『7/27』収録曲で、全英チャートでは3位、米ビルボード・ソング・チャートで最高位12位を記録している。そして20位に初登場したのは、プリンスも絶賛するLA出身のR&Bグループ=キングの「ザ・グレイテスト」。デビュー作のリリースは3月2日だったが、その唯一無二のヴォーカルとプロダクションのクオリティがリスナーの口コミでじわじわ広がりつつあり、5月に控える初来日公演へ向けても期待が高まっている。

text:yokano

2016年4月4日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
42
ハルジオンが咲く頃
乃木坂46
SMR
20160323
5
2
8
もっと
aiko
PC
20160309
8
3

逆光×礼賛
東京パフォーマンスドール
ERJ
20160323
1
4
4
FLASH
Perfume
UJ
20160406
4
5
30
Feel So Alive
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
RZN
20160330
5
6
5
明日への手紙
手嶌葵
V
20160210
10
7
6
君はメロディー
AKB48
K
20160309
6
8

Fine!~fly for the future~
GEM
AVT
20160323
1
9
7
Re:Re:
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KMU
20160316
4
10
9
さらば涙
ケツメイシ
AVT
20160316
6
11
13
Wherever you are
ONE OK ROCK
ASI
20100609
15
12
25
未来
コブクロ
WMJ
20151216
17
13
21
365日の紙飛行機
AKB48
K
20151209
17
14
3
SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~
トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(遠藤綾、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
AVT
20160316
2
15
12
Always coming back
ONE OK ROCK
ASI
20160311
4
16
1
Gravity
Kis-My-Ft2
AVT
20160316
2
17

Supreme
LinQ

20160323
1
18
17
SUN
星野源
V
20150527
46
19
24
海の声
浦島太郎(桐谷健太)
UJ
20151202
17
20

破花
クリープハイプ
SIG
20160323
1

2016年4月4日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1
2
Re:Re:
ASIAN KUNG-FU GENERATION
KMU
20160316
5
CX系「僕だけがいない街」オープニング
2
1
SIX SHAME FACES~今夜も最高!!!!!!~
トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松(遠藤綾、櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)
AVT
20160316
2
TX系「おそ松さん」エンディング
3

友よ~この先もずっと…
ケツメイシ
AVT
20160420
1
映画「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」主題歌
4

Brand New Days
Apink
EMI
20160323
1
TX系「リルリルフェアリル~妖精のドア~」オープニング
5
4
Survivor
BLUE ENCOUNT
KMU
20160309
3
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
6

運命のルーレット廻して
La PomPon
BG
20160323
1
NTV系「名探偵コナン」エンディング
7
6
全力バタンキュー
A応P
SMC
20160210
10
TX系「おそ松さん」オープニング
8
8
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
84
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
9
5
FLY HIGH!!
BURNOUT SYNDROMES
ERJ
20160302
4
MXTV他「ハイキュー!! セカンドシーズン」オープニング
10
11
はなまるぴっぴはよいこだけ
A応P
SMC
20151111
20
TX系「おそ松さん」オープニング
11

ピタゴラス☆ファイター
二階堂大和(白井悠介),和泉三月(代永翼),六弥ナギ(江口拓也)
LA
20160326
1
(声優)
12
7
MOMENT RING
μ’s
LA
20160302
4
(声優)
13
13
それは小さな光のような
さユり
AOJ
20160224
5
CX系「僕だけがいない街」エンディング
14
12
シュガーソングとビターステップ
UNISON SQUARE GARDEN
TF
20150520
43
MXTV他「血界戦線」エンディング
15
9
空へ
山崎まさよし
EMI
20160302
4
映画「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」主題歌
16
3
リアル-REAL-
下野紘
PC
20160316
2
(声優)
17

恋! ハレイション THE WAR
ワルキューレ
V
20160321
1
MXTV他アニメ「マクロスΔ」より
18
10
夜は眠れるかい?
flumpool
ASI
20160210
11
TBS系「亜人」オープニング
19
14
KNOW KNOW KNOW
DOES
KMU
20160302
5
TX系「銀魂°」オープニング
20

キラキラスマイル
KiLLER KiNG(西山宏太朗,八代拓,江口拓也,千葉翔也)

20160323
1
(声優)

2016年4月4日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
1
キャント・フィール・マイ・フェイス
ウィークエンド
UI
20160316
19
2
5
メイク・ミー・ライク・ユー
グウェン・ステファニー
UI
20160318
4
3
4
ソーリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
22
4
7
ピロウトーク
ゼイン
SMJI
20160325
7
5
2
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
50
6
3
ワーク feat.ドレイク
リアーナ
UI
20160210
8
7
15
ハート・ミー
ラプスリー
HSE
20160304
3
8

ライク・アイ・ウッド
ゼイン
SMJI
20160325
1
9
6
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
30
10
19
ファースト・タイム
カーリー・レイ・ジェプセン
UI
20160318
2
11

アイ・リアリー・ライク・ユー
カーリー・レイ・ジェプセン
UI
20150624
52
12
8
コール・ミー・メイビー
カーリー・レイ・ジェプセン
UI
20120919
75
13
13
シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!
テイラー・スウィフト
UI
20141029
83
14

ハッピー
ファレル・ウィリアムス
SMJI
20140430
95
15
11
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
60
16

ラヴ・ユアセルフ
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
10
17

ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン
フィフス・ハーモニー
SMJI
 
1
18
17
イフ・ラー
アンダーワールド

20160316
3
19
14
シュガー
マルーン5
UI
20140903
61
20

ザ・グレイテスト
キング
PV
20160302
1

RADIO ON AIR DATA 3/21〜3/27 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
MONSTER WORLD
HOWL BE QUIET
2
黄色い花
赤い公園
3
破花
クリープハイプ
4
FLASH
Perfume
5
サクラ
Crystal Kay

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。