体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4/4付ビルボードジャパンチャートおよび3/21~3/27 RADIO ON AIR DATA発表

4/4付ビルボードジャパンチャートおよび3/21~3/27 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による4月4日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2016年3月21日〜3月27日)および2016年3月21日〜3月27日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」初週71万枚を売り上げビルボード総合首位獲得

卒業を発表した深川麻衣の初センター曲で最後のシングル曲となる、乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」が、シングルを71万枚売り上げセールス1位、ルックアップ1位とフィジカル領域で変わらずの強さを発揮、総合JAPAN Hot100で首位を獲得した。同曲は、ラジオ16位、ダウンロード9位、Twitter4位と、他指標でも高ポイントをマークしており、一般層へも訴求を広げている乃木坂46の躍進ぶりがよく分かる結果となった。

ダウンロードで1位となったのはaiko「もっと」。3月15日に最終回を迎えたTBS系火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」主題歌で、最終回のオンエアと同時に解禁となったストリーミングでも1位と、ダメ恋ロスのユーザーにアピール、両データのポイントが押し上げ前週8位から総合2位に返り咲いた。PCでの読取回数を示すルックアップでは、3位→5位→7位と下降傾向にあり、デジタル領域での好調がフィジカルにも波及してロングヒットに繋がるか、次週のチャートに注目だ。

両曲ともドラマのタイアップが付いた、嵐のニュー・シングル「I seek/Daylight」が5月18日に発売されることが決定、そのニュースのTweet数が急伸、Twitterで1位2位に立ち、「I seek」29位、「Daylight」35位と、総合Hot100でも早くも初登場している。

アジカン「Re:Re:」がチャートイン5週目でアニメチャートを制覇 『僕だけがいない街』オープニング曲

タイムリープ(ワープ)を巧みに用いた物語で、今期人気を集めているミステリー・アニメ『僕だけがいない街』。そのオープニング・ソングに起用され12年越しのリバイバル・ヒットとなっているのがASIAN KUNG-FU GENERATION「Re:Re:」。先週の2位に引き続き今週は遂に1位を獲得、アニメチャートを制覇した。同曲は2004年のアジカンのアルバム『ソルファ』に収録されたアルバム曲だが、今回の起用に合わせてシングルとしても3月16日にリリース。指標別には、ラジオプレイ 1位、デジタルセールス 2位、Youtube 4位とCDセールス以外の部分で今週ポイントを伸ばした。

その「Re:Re:」に逆転される形で今週2位に転落したのが、『おそ松さん』のエンディング・ソング、トト子 feat.おそ松×カラ松×チョロ松×一松×十四松×トド松の「SIX SHAME FACES〜今夜も最高!!!!!!〜」。CDセールスは依然好調だったが、Youtubeとラジオの2指標が伸びず2週連続の首位とはならなかった。

今週3位は、ケツメイシ「友よ〜この先もずっと…」。『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』主題歌である同曲はCDリリースは4月20日とまだ先だが、デジタルが先行して解禁されそこで大きくポイントを積み上げた。また、3月23日以降の新リリースものでは、Apink「Brand New Days」(『リルリルフェアリル〜妖精のドア〜』オープニング)、La PomPon「運命のルーレット廻して」(『名探偵コナン』エンディング)などがチャートインしている。

グウェン、ジャスティン、ゼインらの強敵を抑え、ザ・ウィークエンドが洋楽チャート2週目のNo.1をキープ

先週初のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”首位をマークしたザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」が今週も1位をキープした。

エアプレイ・チャートでは先週7位から5位へとランクを上げ、さらにポイントを稼いだ「キャント・フィール・マイ・フェイス」。今週洋楽チャート2位にジャンプアップを果たしたグウェン・ステファニー「メイク・ミー・ライク・ユー」のエアプレイ・ランク(4位)には僅差で及ばなかったものの、動画再生ポイントを積み上げ、今週も1位を死守する結果となった。4月の初来日公演が5分で完売するなど、リスナーやメディアからの注目度に加え、来日にむけてプロモーションがさらに過熱することも予想され、今後もTOP3圏内に留まり続けることは濃厚だろう。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。