ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【毎日更新】大人になってドキドキできる国「モロッコ」へ。おすすめの宿からバブーシュの秘密までを網羅!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえる国」と認識されていて、日本人が東南アジア旅行をするのと同じぐらいの気軽さで彼らはモロッコを訪れる。

力強い自然、迷路のような旧市街、大胆な幾何学模様のプロダクト。これらはこの地を訪れる人々のインスピレーションを刺激し、魅了し続けてきた。

日本人も感度の高い若い世代は、なるべく早い段階でこの国に触れておくべきだ。比較的手軽に、強烈な体験をできるから。昨今の報道でモロッコ情勢に不安があるかもしれないが、実は比較的安定しているので過剰な心配はいらない。

原 大智/トリコガイド編集長

CONTENTS


ミントティを美味しく飲む方法「本場モロッコ式」
ミントティを美味しく飲む方法「本場モロッコ式」


お金持ちの家に泊まる感覚! モロッコの邸宅ホテル「リアド」に宿泊したい
お金持ちの家に泊まる感覚! モロッコの邸宅ホテル「リアド」に宿泊したい


ウィキよりも詳しい。 モロッコの履物「バブーシュ」のすべて
ウィキよりも詳しい。 モロッコの履物「バブーシュ」のすべて


「見てるだけで行きたくなる!」 モロッコの邸宅ホテル4選
「見てるだけで行きたくなる!」 モロッコの邸宅ホテル4選


知るだけでも面白い! 達人が教える、モロッコ旅行で気をつけるべき「8つのコト」
知るだけでも面白い! 達人が教える、モロッコ旅行で気をつけるべき「8つのコト」

『トリコガイド モロッコ』

ちょっとディープでお洒落な旅を応援する大判ガイドブック『トリコガイド』のモロッコ・バージョン。豊富な写真と現地レポートをもとにした記事は、コアなトラベラーからの支持も厚い。モロッコに興味がある人は、まず手に取りたい1冊だ。

Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

関連記事リンク(外部サイト)

お金持ちの家に泊まる感覚! モロッコの邸宅ホテル「リアド」に宿泊したい
ミントティを美味しく飲む方法「本場モロッコ式」
ウィキよりも詳しい。 モロッコの履物「バブーシュ」のすべて

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。