ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の未公開シーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は公開初週末の興行成績を確認したばかりだが、米ワーナー・ブラザースはすでにスーパーヒーローのディレクターズカット映像(削除されたシーン)の公開を始めている。

『Communion(原題)』と題する44秒のビデオクリップでは、戦士の集団がクリプトニアンの偵察船に侵入し、ベトベトした場所から現れたレックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)の周囲に集まってきているのを示している。レックス・ルーサーは正体不明の異質な生物と、何らかの交信をしているように見える。このフルサイズの映像は、『Ultimate Edition(原題)』と呼ばれる30分間のエクストラ映像を含むR指定のディレクターズカット版に挿入される予定である。映画劇場の終了後に視聴可能となる。

ベン・アフレックがバットマンを、ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを演じ、ザック・スナイダーが監督した、スーパーマンとバットマン、そしてワンダーウーマンの世界を混合するこの最新のスーパーヒーロー物語は、イースターの週末に1億6610万ドル以上の興行収入を記録した。これは、米ワーナー・ブラザースの想定よりも400万ドルほど少なかったが、海外の66市場で2億5400万ドルを稼ぎ、全世界を合計すると4億2410万ドルに達している。これは、史上4番目となる巨大な記録である。

未公開シーンを観るには上記。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP