ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

緻密なアルゴリズムと航空力学の賜物!飛行しながら絵を描く「Flying Pantograph」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スピーカータイプや超小型タイプなど、次から次へと新しいものが出てくるドローン。発想次第で、活用範囲はまだまだ広がりそうだ。

今回ご紹介するドローンも、実にユニーク。MIT’s Fluid Interfaces Groupが開発した、飛行しながら絵を描く「Flying Pantograph」だ。昨年のMIT Media Labのエキシビジョンで披露され、IT関係者から注目を集めている。

・人間の描画行為をドローンに転置

「Flying Pantograph」は、ペンを搭載したドローン。これをWi-Fiで飛ばし、任意の距離から人間が操作する。ユーザーが平らな場所で絵を描くと、ドローンがその動きを読み取り、同じ動作で壁面(あるいはキャンバス)に線を描いていく。

ドローンの動きは、モーショントラッキングを応用したもの。そこに2つの書き込みデバイスをリンクさせることで、機械による描画を可能にしている。人間の描画行為をドローンに転置するというこの技術。一見単純なようで、その内面は実に精緻。緻密なアルゴリズムと航空力学が生み出した、画期的なテクノロジーと言えよう。

・医療分野での活用も期待

開発グループはこのドローンを、芸術はもちろん、他分野でも活用したいと考えている。例えば、医療。身体に麻痺のある患者が目の動きを使って、ホワイトボードにメッセージを書くなど、さまざまな利用法があるという。

ここ最近、悪い面ばかりが取沙汰されているドローン。名誉挽回のためにも、このプロジェクトにはぜひ、頑張ってもらいたいところだ。

Flying Pantograph

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP