ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

50才男 「SE」をネットオタクと勘違いしネット用語で話す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 独特なニュアンスがあるのがネットスラングというもの。よくわからないままに使うと、なんとも酷いこといなってしまいがち──。千葉県に住む主婦のYさん(52才)の娘が彼氏を連れてきた時のこと。食品工場勤務の夫(50才)が知ったかぶりをし、恥ずかしいことになってしまったのだという。Yさんが告白する。

 * * *
 ひとり娘が、初めて家に彼氏を連れて来るって言い出した。娘は高校を卒業して2年目。「もし結婚なんて言い出したら、オレは断固反対するから、いいな?」と気合充分の夫。

「男はどんな仕事をしてるんだ? 学歴は? 男の親の職業は?」と矢継ぎ早。娘が「彼はITベンチャーでSEの仕事をしてる」と言うと、それが夫の頭でどう解釈されたのか、「見てろ、オレはそんなネットオタクに負けないからな」と。

 で、いよいよ当日。彼の目の前にドンとあぐらをかいた夫は開口一番、「で、きみかなり“リア充”なわけ?」ってこう言ったのよ。

 その後も「“自宅警備員”の経験はあるの?」「きみの顔は、かなり“ブヒる系”に見えるがどうだね」って。

 彼が反応に困っていると「あ、きみは、ボクが何も知らないと思ってた? 何だよ、その顔は。あれ? もしかして“非リア”な感じ?」って、彼氏をネットオタクだと勘違いした夫は、にわか仕込みのネット用語を使いまくってドヤ顔なの。

“自宅警備員”とは、ニートや引きこもりのことで、“ブヒる”はアニメキャラに萌える男のことらしいんだけどさ。

 怒った娘は夫に、「もう二度と彼と会わせない。結婚式にも出ないで」と絶交宣言、先が思いやられるわ。

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
高校生娘の彼氏認めぬ父 彼氏のFacebookに友達申請しドヤ顔
若者ぶる50才男 娘の彼氏相手に「ラッスンゴレライ」披露
彼氏がいない女子大生 彼氏が欲しくない割合48.8%の結果

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP