ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『京都ぎらい』が話題になった理由を県民性博士が解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ええかきみ、嵯峨は京都とちがうんやで」。同じ京都市内にもかかわらず、右京区嵯峨の著者は、上京区西陣から嗤われる。しかしその西陣ですら、中京区から「西陣ふぜいが」と冷笑を受ける──そんな京都の嫌なところを暴露した本『京都ぎらい』(井上章一著・朝日新書)が話題を呼んでいる。

 さぞ、京都人は怒髪衝天状態と思いきや、意外にも、京都人からは「よくぞ言ってくれた」「そのとおり!」との声がやまないでいる。

「京都人の“中華思想(京都を中心に世界を考える発想)”はキリがないんです」と話すのは、京都市出身の60代主婦だ。

「洛中(=京都の市街地の中でもとくに中心地区)の人間は、相手が京都出身と聞いたら必ず“京都のどちら?”と尋ねます。これこそ自分が洛中人だというアピールなんですよ。ほとんどの人は洛中出身ではないですから、申し訳なさそうに“宇治なんです”とか“京都といっても奈良に近い方で…”などとつぶやくんですが、それを表面的な笑顔で“そうですか~、私は木屋町なんですよ。○○小学校の裏辺りで”と、なぜか細かい住所まで告げてくる(苦笑)。そして家に帰ってから“あの人、宇治だって、宇治!”とか、“○○なんて京都ちゃうや~ん”と冷笑するんです」

 しかし、洛中に住んだとて、そこには生え抜きか否かの問題が立ちはだかるとか。

「同じ京都市内ですけど、洛外から洛中のマンションに移り住んだ家族がいたんですよ。新居は鉾町(祇園祭りの鉾を掲げる町)だったこともあり、祭りの運営に携われると奥さんはえらい張り切ってたんです。でも、町会の会合で積極的に発言したことが古参町会員の気に障ってしまって。

 その後、会合に一切呼ばれなくなり、問い合わせても“そのうち”とか“また変更になって”とはぐらかされ続け、やっと呼ばれて行ったら、すでにすべての段取りが決まっていたそうです。最初は彼女も“いけずやわ~”と笑っていたんですが、そうした嫌がらせが1年も続いてノイローゼになってしまった。2年待たずにマンションは売却したそうです」(47才・女性・自営)

 地元の出版社に勤める男性(50代)からは、悪しきならわしについての苦言も寄せられた。

「『京都ぎらい』でも書かれていましたが、古寺が要求する志納金には辟易しています。寺の写真を載せるには、1点につき3万円程度かかります。名目では“寄付”というくくりですが、実際は強制的。拒否する権利はわれわれにはありません。資本力がなければ地元民なのに京都特集を組めないのが口惜しい」

 県民性博士として知られる矢野新一さんは、『京都ぎらい』が話題を集めた理由についてこう分析する。

「京都以外の人がこの本を絶賛するのはわかるんですよ。千年のプライドを持つ京都から冷たい仕打ちを受けた人は多いですから(笑い)。でも、地元民が京都批判を受け入れることが画期的ですよね。

 考えられるのは、世代交代が進み、今までの中華意識を持たない若い世代が増えてきたことではないでしょうか。そしてシニア世代も今はフットワークが軽いですから、京都以外の世界を知ったこともあるでしょう。もっというと京都人は、観光客が増えすぎたと考えているのかもしれませんね。彼らは頭を下げてまで京都に来てもらおうと考えていませんから、『京都ぎらい』という“ふるい”にかけても問題ないのでしょう」

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
京都人が関西圏で浮く理由 生粋の洛中人・芦屋小雁氏が反論
異例のヒット本『京都ぎらい』 多くの関西人が溜飲を下げる
生粋の京都人が見て・食べて楽しい7つの散歩道を紹介した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP