体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつか自分も、心惹かれる“人懐っこい会社”を創りたい――秦野優子が、「人」の会社で働くワケ

2012年、株式会社リクルートのHRカンパニーと、株式会社リクルートエージェントの統合によって誕生した、株式会社リクルートキャリア。「人で、世界一になる」ことを目指し、これから創られていくこの場所では、社員一人ひとりが主人公です。今回は、広報部で主に社内広報を担当している、秦野優子のストーリーをお届けします。

f:id:carraria:20160330014655j:plain

働くことに憧れ続けた1人の女の子が、“人懐っこい会社”と出会うまで

人が働くのは、決して単なる“労働”ではなく、誰かから強いられるのでもなく、一人ひとりが意志を持って行動すること――中学生になった頃から、秦野優子は「働くこと」は誇り高いものなんだと憧れを抱きはじめました。

「父の影響が大きいですね。家でそれほど会社の話はしませんでしたが、父がプライドを持って仕事しているのを日頃から感じていました。あるとき家庭訪問で来た学校の先生から『今の中学生はサラリーマンになるなんて夢のないことを言う』と言われたとき、『サラリーマンだって夢を持って仕事しているんだ!』と怒ったことを覚えています」(秦野)

親の転勤で、東京と北海道を転々としたこともあって、中学時代にいじめに遭い、両親に支えられて辛い3年間を乗り越えた秦野は、高校生になって心機一転、新たな環境で思い切り学生生活を楽しむようになりました。舞台上でキラキラと輝く先輩たちを見てダンス部に入り、夢中になったり、アルバイトをはじめてみたり……。そんな、ごく普通の女子高生だったといいます。

大学に進んでからも、自分が「楽しそう!」と感じたことに次々飛び込んでいきました。とにかく「やりたいことは全部やった」と言い切る秦野。そんな彼女が最も憧れた仕事は、「ラジオのパーソナリティー」でした。そのためマスコミ関係の会社に就職を考え、「エントリーシートが不要だったから」と、面接の練習程度の気持ちでたまたま参加したのが、株式会社リクルートのインターン募集だったのです。

「何も準備しないまま行ってしまったので、私が話すことは、まあ矛盾だらけ。でも面接官の方が私に興味を持ってくれて、私が自分自身についてより深く考えられるように質問をたくさんしてくれたんです。なんて“人懐っこい”会社なんだろうと感激し、落ちたとしてもいい経験だった! と思えたのですが、まさかの合格で(笑)」(秦野)

そのとき一緒に合格したインターン生たちの姿も、秦野にとっては大きな刺激になったといいます。

「みんなが『いいものを作ろうよ』と、本当にイキイキと夢を語っていたんですよね。この子たちがみんな入りたいと思う会社ってすごい。パーソナリティへの憧れはあったけど、こういう人たちが集まっているリクルートなら、私も楽しく働けるんじゃないかと思ったんです」(秦野)

f:id:carraria:20160330015358p:plain

「世の中のすべての組織がこうあってほしい」理想の上司、チームに出会う

秦野が入社して最初に配属になったのは、「HOT PEPPER」のネット広告営業を担当する部署でした。ここで彼女は、その後の人生に大きな影響を与える経験をすることになります。

忙しいけど、楽しい! と素直に思えたというその現場では、営業が新規顧客の獲得に走り回る中、受注報告から5分後には「○○さんが1年追い続けた○○会社からAプランを受注しました!」というように、受注結果とそれまでのストーリーが書かれた成果のメールが真っ先に営業メンバー全員のもとへ届けられていました。

「受注メールを受けると、私もあと1件飛び込もう!と元気をもらえました。そうした環境づくりも含め、組織を統括していたグループマネージャーのマネジメントがとにかく素晴らしかったんです。自分が一人でがんばっているのではなく、このチームで戦っているんだという実感が常にありました」(秦野)

忙しいけど、楽しい! と素直に思えたというその現場で、いつか自分も、こんなチームを作れるようになりたい――その理想を社内で追いかけたい気持ちが強まると同時に、秦野の頭には、ぼんやりともう一つの道が浮かびはじめることになります。

1 2次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。