体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「私がやらなきゃ、誰がやる?」介護業界の課題に“ビジネス”で向き合う、後藤奈美の情熱

2012年、株式会社リクルートのHRカンパニーと、株式会社リクルートエージェントの統合によって誕生した、株式会社リクルートキャリア。「人で、世界一になる」ことを目指し、これから創られていくこの場所では、社員一人ひとりが主人公です。今回は、介護業界の人材不足解消をミッションに掲げた「HELPMAN! JAPAN」事業推進ユニットで活躍する、後藤奈美のストーリーをお届けします。

f:id:carraria:20160330021331j:plain

情熱を向ける先が見つけられないまま、ごく普通の学生生活を送る

現在「HELPMAN! JAPAN」事業推進ユニットで活躍する後藤奈美。深刻な人材不足に悩む介護業界に画期的な研修プログラムを提案し、着実な成果をあげています。どんな困難にぶつかってもエネルギッシュに活動し、ポジティブなオーラを振りまく後藤。しかしそんな彼女も、学生時代は全力で打ち込めるものを見つけられず、ジレンマを抱えながら不完全燃焼の日々を過ごしていました。

「私は中学から大学まで女子校で過ごしました。周囲には、いわゆる“いい会社”に入ること、“いい結婚”をすることが当たり前のような空気があって、私は『本当にそうなのかな?』と疑問に思っていたんですよね」(後藤)

自分の道は、自分で切り拓いていきたい。でもなかなか、情熱を持てるものに出会えない……そんな彼女が唯一、全力で向き合えたのは「仕事」でした。

「働くことを尊ぶ家庭の影響もあったのかもしれませんが、アルバイトには真剣に取り組んでいました。勉強に関してはほとんど何も口を出さなかった父でしたが、仕事に対しては厳しかったんです。『お金をもらっているからには、責任があるんだ』と常に言われていました」(後藤)

後藤の父は長年ベンチャー企業で働いており、彼女は幼い頃から、仕事に熱中する父の姿を見て育ってきたといいます。

「父は、自分で会社を大きくするんだという気概があったのだと思います。家ではいつも仕事や部下の方の話をし、母もそれを真剣に聞いていて。事業が拡大するにつれ、どんどん業績が伸びていく勢いも肌で感じていました。仕事に打ち込む父への憧れが、自分の原点になっていると思います」(後藤)

ゆくゆくは、父と同じようにベンチャー企業で力を発揮したい。後藤はいつしか、そう考えるようになりました。

「当時の就職活動ノートを見ると、将来は社会起業家になりたいと書いてあります。父のように事業を自分の手で育て、自分の仕事がダイレクトに社会に影響を与えるような働き方をしたいと、漠然と考えていたんだと思います」(後藤)

大学卒業時、実際にとあるベンチャー企業に内定が決まった後藤。しかし、ことはそうはスムーズには運びませんでした。

f:id:carraria:20160330021428j:plain

他業種で“圧倒的な”実績を積み、社会を知るため、いざ人材業界へ

ベンチャー企業に内定したものの、景気悪化による会社の業績後退で、卒業間際に就職活動をやり直しすることに。後藤は急な方針転換を余儀なくされました。

「そのとき、自分には社会にアピールできるものが何もないことに気づいたんです。成績が良いわけでもないし、在学時に挑戦してきたこともない。ごくごく普通の学生でしかない私が社会で認められるには、まず圧倒的な実績をあげなければと思ったんです」(後藤)

そこで彼女はとにかく働く場所を求め、保険会社に就職。目の前の仕事に、周囲の誰よりも必死で取り組み、わずか2年で全営業2万人中2位という営業成績を挙げました。

そこで真剣に働いた経験は、彼女の仕事観に変化を及ぼしたようです。

「営業として幅広い層の方とお話する中で、私はもっと社会について知りたいと思うようになりました。そこであらゆる業種・業界と取引のある人材業界に注目し、なかでもベンチャー精神が根づいているリクルートに入りたいと思ったんです」(後藤)

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。