体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人と仕事をつなぐ理想のしくみを求めてーー10年以上の時が積み重ねられた“ゆるやかなイノベーション”

2012年、株式会社リクルートのHRカンパニーと株式会社リクルートエージェントの統合によって誕生した株式会社リクルートキャリア。「人で、世界一になる」ことを目指し、これから創られていくこの場所では、社員一人ひとりが主人公です。今回は、「リクナビNEXT」の編集長として人材業界のイノベーションに挑む、細野真悟のストーリーをお届けします。(※本記事は2016年3月時点に掲載されています)

f:id:carraria:20160330021738j:plain

老舗着物店の跡取り息子、マーケティングとITに目覚める

人は誰しも、自分の人生を歩んでいくなかで、いくつものライフイベントに出会い、それを節目にあらゆる種類の“大きな意思決定”を重ねていくものです。一生に幾度もない選択をするために、さまざまな情報を目の前に並べながら。

東京・町田市にある、創業120年を迎える老舗の着物屋。その店頭で日々繰り広げられていた光景もそのひとつでした。人生の大切な日のために、高価な着物を求める人たち。しかしその店の長男として生まれた細野真悟は、幼い頃から両親が商売をする姿を間近で見て、小さな疑問を抱いていたのです。

「正直なところ、子どものときは実家の商売がイヤだったんです。父と母が来店するお客さんの話を延々と聞き、ときどきお客さんにお世辞を言ったりしながら、着物を売っている……それを見て一体これは何なんだ、うちは何のビジネスをしている場所なんだ、とモヤモヤしていました」(細野)

f:id:carraria:20160330022405j:plain

もちろん販売しているのは着物に違いありませんでしたが、細野は両親とお客さんとの関係性を不可解に感じていたのだといいます。心の内にあるそのモヤモヤの正体を知りたくて、大学ではマーケティングを専攻することに。そこで彼は、両親が店頭で毎日繰り返していたのが、何よりも身近な、顧客に寄り添う形のマーケティングであったことを知りました。

ちょうどその当時、欧米から「One to Oneマーケティング」「リレーションシップマーケティング」などの概念が入ってきていました。顧客との関係性を深めることで、“売りつける”のではなく自然に“買ってもらう”という考え方です。

「究極の“One to One”って、例えば日本の古き良き酒屋の象徴である『三河屋さん』的なビジネスモデルなんですよね。それを圧倒的なテクノロジーで展開しようとしていたのがAmazonで。僕は『三河屋さん』である家業を、そのまま継ぐのではなく、どちらかといえばAmazonのような、ITテクノロジーを使った現代版のOne to Oneサービスで、人の選択支援をやりたいと思うようになったんです」(細野)

ITによる、人の選択支援。細野はここから、長い道のりとなる一歩を踏み出しました。

f:id:carraria:20160330022517j:plain

学生たちの安易な「意思決定」に呆然ーー自分が納得して選択できるしくみとは

One to One のITテクノロジーに加え、もう一つ細野が興味を持っていたのが教育・人材分野でした。

「仕事はすごく難しくて、その選択が正しいかどうかの判断もできないし、選ぶ基準も人によってまちまちです。そこに寄り添うのが究極の『選択支援』だと思ったんですよね」(細野)

就職活動の時期を迎え、細野は教育・人材分野と、ITテクノロジーを融合していたリクルートに興味を持ちはじめます。同社は当時、人が直面するありとあらゆるライフイベントを網羅して、そこで発生する意思決定に寄り添おうとしていました。

しかし……並々ならぬ熱意を持ってリクルートの採用試験に挑んだものの、残念ながら不採用に。彼は社会人としての第一歩を、とある専門学校の職員として踏み出すことになります。

専門学校で細野に課されたミッションは、全国各地から生徒を集めること。地方を回り、高校生に向けた説明会をするのが彼の主な仕事でした。しかしこの経験を通じ、かえってリクルートに入社するための動機がより明確になっていったといいます。

「学校説明会では、いくつもの学校が集まる会場で、高校生たちが僕のところに立ち寄るわけですよ。でも少し説明をしただけで、ろくに他校すら見ずに、その子たちが『じゃあここにします』と簡単に意思決定していく。それが目の前で次々に起きていくのを目の当たりにして、すごく怖くなったんです。学生時代に何を学ぶかによって、将来どう働いていくかがある程度決まってしまうのに……だからちゃんと全部の可能性を見て、自分自身で納得できる選択をしてほしい。それを支援できる立場になりたいと心底思いました」(細野)

さまざまな選択肢をフラットな状態で並べ、それらを全て比較したうえで、個人が意思決定できる場所。細野はそうした環境の必要性を痛感するとともに、まさにそのしくみを作っているのがリクルートであることに気づいたのです。

決意をより確固たるものにし、細野は再度リクルートの門を叩きました。そして2000年、ようやく念願の社員となり、「リクナビNEXT」の仕事を手がけることに。しかしそれから10年余りの年月をその部署で過ごすことになるとは、細野本人も思っていなかったようです。

f:id:carraria:20160330022555j:plain

何よりも難しい「人」と「仕事」をつなぐしくみを追求するために

細野は「リクナビNEXT」に配属されて以降、システム開発からウェブサイト運用、営業・販促支援、サービス自体のブランディングや商品企画まで、ありとあらゆる仕事に携わってきました。

1 2次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。