ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

歌舞伎に「演じる楽しみ」を!誰でも本格的な歌舞伎衣装や演出で舞台に立てる「歌舞伎太郎」が面白そう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Japaaan読者の中には歌舞伎を観に行くのが趣味という方も多いかと思いますが、「あの舞台に立ってみたい!」という夢をお持ちの方もいるでしょう。

今回紹介する「歌舞伎太郎」はそんな、歌舞伎の舞台に立ってみたいという思いを形にできるサービスなんです。

slider-top-02-sp

歌舞伎太郎は「観る楽しみ」であった歌舞伎を「演じる楽しさ」を感じられるものにしたいという思いから誕生したサービスで、まったく経験や知識がない人でも男女問わず参加することができます。
slider-top-03-sp

「歌舞伎太郎」の特筆すべきは"本格的"であるということ。提供されるのは「演じる楽しみ」なので、ただただ歌舞伎の衣装を着て記念撮影…というようなものとは一線を画します。

まず歌舞伎太郎では「役」毎に受講者を募集します。演じたい役を演じるための稽古を積むわけですね。そして講師は国立劇場歌舞伎俳優養成所出身の講師が稽古を担当されるそう。

top-before-after

そして一通りの稽古を終えると、本格的な衣装、本格的な会場、本格的な演出での発表会が実施されます。

歌舞伎太郎の募集開始は平成28年4月1日(金)から。稽古をする演目は「菅原伝授手習鑑 車引」で、最終発表会は平成29年2月4日(土) に日本橋劇場で行われるとのこと。

歌舞伎役者になってみたい!そんな夢を持ち続けていた人にとってはまたとないチャンスですね。演劇をしている人にとっても新鮮なインプットになりそうで面白いかもしれませんよ。

歌舞伎太郎公式サイト

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

超秒速、お味噌汁!お味噌にダシと具材を混ぜてお団子状に「みそまる」が面白そう
いよいよ詳細決定!スーパー歌舞伎IIの演目で上演する漫画「ワンピース」の舞台は頂上戦争編!
歌舞伎の隈取りがモチーフ!実用性も兼ね備えた今治タオル製「歌舞伎フェイスパック」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。