ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この情報量はすごいよ!文字を持たない「アイヌ語」民話の日英訳データベースが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイヌ民族の言語であるアイヌ語。アイヌ語は音によって伝えられる言語のため文字を使いません。文字が使われないために後世に受け継がれた文書としての記録はあまり残っていません。

そんな、文字を使わないアイヌ民族が語り継いできた民話を集め、日本語と英語による訳と単語ごとの注釈を付けたデータベースがこのたび公開されました。

公開された「アイヌ語口承文芸コーパス―音声・グロスつき―」を作成したのは国立国語研究所のアンナ・ブガエワ特任准教授と千葉大の中川浩教授らのグループ。データベースには北海道で民話を語り継いでいた木村きみさん(1900-1988)が語った物語10篇、録音時間にして約3時間分が収録されています。きみさんは日本語よりもアイヌ語を自由に使えるほどの話者であり、優れた語り部だったそうです。

出典:アイヌ語口承文芸コーパス

アイヌ語には文字がないため、きみさんが語った民話はカタカナとローマ字で表記されてデータベースに収録されています。音声データも収録されておりアイヌ語の音を聞くことも可能。お話のタイトルは昔話として面白そう。

現在、アイヌ語は消滅の危機に晒されています。日常的に話す人がほとんどいなくなり、アイヌ語の保存が課題となっています。研究グループでは、今後、収録する民話の数を増やしていくとのこと。次年度には本データベースに使用する予定の約4時間分を公開予定なんだそうです。

アイヌ語口承文芸コーパス ー音声・グロス付きー|A Glossed Audio Corpus of Ainu Forklore

via: アイヌ語民話のデータベース ネットで公開

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

アイヌ文様が美しい!「mina an ikor(ミナ アン イコル)」アイヌ文化を継承したプロジェクトがステキ
日本を感じる「WABISABI」のアート作品がカッコ素晴らしい!
青森ねぶた祭がGoogleストリートビューに登場!ハネト気分で楽しもう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP