体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やなわらばー、介護福祉施設をまわるツアー「ふれあい音楽ツアー」を敢行

やなわらばー、介護福祉施設をまわるツアー「ふれあい音楽ツアー」を敢行

やなわらばーが、音楽療法を学ぶ国立音楽院の生徒と一緒に介護福祉施設をまわるツアー「ふれあい音楽ツアー」を開催。3月24日に最終日を迎えた。

全6施設をまわったこのツアーでは、やなわらばーが高齢者の方々に直接歌を届け、「さくらさくら」や「ふるさと」など誰もが知っている童謡を一緒に歌って楽しんだ。ライブを楽しんだ高齢者の方は、「沖縄には行ったことがないけど、潮風の匂いがするね」「海で育った人は声が綺麗だね。」など、涙を流し語っていた。

国立音楽院は、音楽療法の分野では最先端をいく専門学校。その生徒も、学びの一環として音楽療法プログラムを披露。そのひとつとして、高齢者の方々はトーンチャイムという楽器を演奏して楽しんだ。

やなわらばー コメント
涙を流す方もいらっしゃったりして、この曲にどんな思い入れがあるんだろうなぁなどと想像してしまいます。そんな方々を見ると、どういう人生を歩いてきたのかな?と思うと同時に、改めて歌を歌う仕事をさせてもらっているって事は本当にありがたいことだと実感します。世代を越え、一緒に楽しむこと出来るので、ぜひ続けていきたいです。

関連リンク

やなわらばー オフィシャルサイトhttp://www.ya-na.net/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。