体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【名古屋きしめん漫遊記】すべての“きしメン”を唸らせる激旨「いもかわうどん」に、きしめんのルーツを見た!

f:id:Meshi2_IB:20160103100852j:plain

きしめんのルーツの秘密は「いもかわうどん」にあり!?

この『メシ通』で私、永谷がしつこいほど取り上げている、きしめん。モチモチ&ツルツル食感の麺、そして、ムロアジやさば節でとったダシとたまり醤油を合わせた野趣溢れる味わいのつゆ。2、3日食べないと禁断症状に陥ってしまうほど私はズブズブにハマっている。

f:id:Meshi2_IB:20160103100233j:plain

※写真はイメージ

いつものようにきしめんを食べていたときのこと。ふと「きしめんの“きし”って何だろう?そもそもきしめんのルーツって……」との疑問を抱いた。と、同時に今まで何も考えずに、きしめんの美味しさを訴えてきた自分が恥ずかしくなった。

すぐさま愛知県麺類食堂生活衛生同業組合のホームページをチェックすると「様々な説があってどれも確かなものはありません」と、あった。

ええっ!? ちなみにその説というのは、

1.「雉麺」説

江戸時代、尾張藩の殿様が雉(きじ)肉入りの田舎うどんを好んで食べたことから「雉麺」がなまって「きしめん」になったという説。きしめんに入る油揚げはその名残ともいわれる。

2.「紀州麺」説

紀州藩の殿様が尾張藩の殿様にお土産物として献上した麺が「紀州麺」と呼ばれ、いつの間にかそれが転じて「きしめん」になったという説。

3.「棊子麺(けしめん)」説

「棊」とは「碁石」のこと。平たく延ばした生地を竹筒で碁石の形に抜いた、丸い碁石の形をした麺が中国から伝来し、後に平たくて細長い麺になっても名前はそのまま残ったという説。

う~ん……。どれもイマイチ説得力に欠けるというか、なんか、こう、スッキリしないんだよなぁ。そんななか、愛知県の三河地方に住む友人から「きしめんの発祥は刈谷市の今川町辺りって聞いたことがあるじゃんねぇ。旧東海道にそれを示す“碑”もあるで行ってみりん」との有力な情報を得た。

となればさっそく現場へ急行!

f:id:Meshi2_IB:20160103100306j:plain

旧街道を思わせる古い街並みの中に碑を見つけた。そこには「旧『芋川』の地 ひもかわうどん発祥地」と書かれてあった。

f:id:Meshi2_IB:20160103100346j:plain

碑の下に書かれていた説明を読んでみる。

いもかわうどん 江戸時代の東海道の紀行文にいも川うどんの記事がよくでてくる。この名物うどんは「平うどん」で、これが東に伝わって「ひもかわうどん」として現代に残り、今でも東京ではうどんのことをひもかわとよぶ。平成14年3月 刈谷市教育委員会

ということはつまり、この「いもかわうどん」がきしめんのルーツと何か関係があるということなのか。

『好色一代男』『東海道中膝栗毛』にも登場するいもかわうどん

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。