ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Windows 10がLinuxのBashをネイティブでサポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Microsoft が Build 2016 カンファレンスで、Windows 10 で Linux の定番シェル「Bash」をサポートすると表明しました。Bash は Linux などの Unix 系 OS におけるコマンドラインインタフェースを提供するソフトウェアで、Windows の場合はコマンドプロンプトに相当します。Windows で Bash を利用できるようになると、Linux で培ったコマンド操作技術やシェルスクリプトを活用できるようになるので、Linux 技術者にとっては Windows における開発やサービス運用などが容易になると予想されます。Windows 版の Bash はネイティブソフトとして実装されるらしく、Windows のファイルシステムや API の操作も可能だと言われています。Microsoft は Build 2016 カンファレンスのキーノートで Canonical との提携を発表しており、Windows 10 に Ubuntu ベースの Linux サブシステムを統合することも明らかにしています。Source : AnandTech

■関連記事
ジャックス、AndroidでMasterCard ContactlessやVISA payWaveによるNFC決済が可能なモバイル決済サービス「ジャックスモバイル決済サービス」を4月1日に開始
Microsoft、Build 2016でCortanaのAndroidへの対応強化を発表
Xperia Z3+は200GB Micro SD カードを認識可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。