ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2日間漬けこんだパンのフレンチトーストまで!絶品朝ごはんの街「石見」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

島根県と言えば、プロテニスプレーヤーの錦織選手が好物に挙げた「のどぐろ」が一躍話題となりましたね。ご周知のとおり、島根県には美味しいものがたくさん。中でも西部地方の「石見」にはのどぐろをはじめとする魚介類や、お肉、お米やお野菜など、隠れた美食の宝庫となっています。そんな石見のイイトコを一挙に集めた「朝めし」が食べられるお店を、5つご紹介します。

ふぐの出汁がたっぷりのぞうすい

島根県の海の街、浜田市からは、ふぐの身がごろごろ入った「ふぐぞうすい」をご紹介しましょう。


(C) なつかしの国石見

地元漁港で水揚げされたふぐと、地元産コシヒカリを使い、ふっくらとろとろに炊き上げたぞうすいは、見るからに美味しそう。あつあつを一口食べれば、目覚めたばかりの体にぎゅっーとしみ渡り、何とも言いようのない幸せを感じるでしょう。場所は道の駅ゆうひパーク浜田、午前7時から午前11時までの1日限定10食のみとなります・・・!

のどぐろと薬膳鍋の朝めし

津和野のお宿「よしのや」では、石見の魅力をたっぷり詰め込んだ朝めしを提供。名物ののどぐろをはじめ、地元で採れた新鮮野菜をたっぷり使った薬膳鍋や、赤天と呼ばれるトウガラシ入りのすり身揚げなど、朝からテーブルいっぱいにごちそうが並び、これぞ旅館でいただく朝ごはんといった豪華さです。


(C) なつかしの国石見

シェフの繊細な技光る洋朝食


(C) なつかしの国石見

「地元食材マンサイ “おとぎBreakfast”」は、「かわもと おとぎ館」に宿泊した人だけがいただける、絶品朝めし。地元産のポークソーセージに、自家製ピクルス、フルーツのスムージー、焼きリゾットなどが並び、目も舌も楽しませてくれます。朝からこんなに手の込んだごはんをいただけるのも旅先だからこそ。日常の慌ただしさは忘れて、ゆったり優雅な気分でいただきたいですね。

ふわっふわのフレンチトースト


(C) なつかしの国石見

「有福cafe」で提供されている朝めしは、天にものぼるような食感のフレンチトースト。なんと2日間漬けこんだパンを使用しているのだとか。口に入れると、まるでスフレようにスッと溶けてなくなり、一度食べると忘れられなくなること請け合いです。こちらのカフェでは貸切露天風呂もあるそうですよ。美味しいものを食べて、ゆっくり体を休めて、一日ゆっくり過ごせるので最高です。

卵、醤油、ごはん、すべて地元産の卵かけごはん


(C) なつかしの国石見

「神楽の里 舞乃市」でいただけるのは、卵、ごはん、醤油のすべてが地元産という、絶品の卵かけごはん。ピカピカに光る卵、ぷりっと立ったごはん、そこに風味豊かな醤油をかければ、完璧な卵かけごはんが完成! 全国広しと言えども、ここでしか食べることができない貴重な一品です。

地方にはまだまだ私たちが知らない絶品食材が眠っています。石見の朝めしプロジェクトでは、今回ご紹介した5つの他にも11の絶品朝めしスポットが紹介されています。気になる人はこちらをチェックしてみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP