体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お弁当族のひそかなブーム!自然解凍OKの手作り冷凍おかずを作るポイント

生活・趣味
目からうろこの大胆技でお弁当作りが簡単に!春からはこれで朝寝坊できる?!

毎日お弁当を作るのは、結構大変なものです。お弁当用に材料を揃えておかなくてはなりませんし、寝起きの頭でお昼のメニューを考え、手際よく料理をこなすというのは、なかなかストレスなもの。あまりに面倒で続けられない・・・という人もいるのではないでしょうか。しかし、今からお教えするとっておき、究極の時短方法を使えば、お弁当作りの苦労が嘘のようになくなりますよ!

冷凍おかずで朝詰めるだけ弁当

目からうろこの大胆技でお弁当作りが簡単に!春からはこれで朝寝坊できる?!

最近、お弁当族の間でひそかなブームとなっているのが、手作り冷凍おかずです。凍ったままお弁当箱に詰めるだけの冷凍食品もありますが、毎日それではコストもかかりますし、手抜きのあまり罪悪感にかられてしまう人もいます。そこで考え出されたのが、いっそ自分で作ってしまおう! という手です。

普段の食事作りや、休日に、わざと作り過ぎるというのがミソ。毎食作るごとに、余ったおかずをカップに小分けにして冷凍保存すれば、何の苦労も手間もかけず、いくつもの種類の冷凍おかずが完成します。それらを詰め合わせるだけで、朝何もせずにお弁当ができてしまうというわけです。

目からうろこの大胆技でお弁当作りが簡単に!春からはこれで朝寝坊できる?!
(C) Chie Uchino

冷凍おかずはお昼頃になれば、自然解凍され、美味しくいただけます。電子レンジで温め直してお弁当に詰めると、水分が飛びすぎてしまったり、加熱ムラで味が変わってしまうことがありましたが、それに比べると、自然解凍の方が味も良い気がします。しかも保冷剤代わりにもなるので、菌の繁殖も抑えられるというメリット付き。

冷凍おかずを作るときのポイント

冷凍おかずを作るときは注意がいくつか必要です。

基本のポイントとしては、水気をしっかり切ること、しっかり冷ましてから冷凍することの2点です。水気が多いままだと解凍したときべちゃっとなってしまい、食感も悪くなってしまいます。ゆでたホウレンソウやブロッコリーなどをお弁当用に凍らせるときは、しっかり水気をとって、しょうゆやマヨネーズなどの味付けは朝、お弁当に詰めるときにするか、横に添えるようにします。
同様に、しっかり冷ますことも、余分な水分をとばすために必要な工程です。湯気がある状態で凍らせると、湯気が氷になって、解凍したときおかずが余分な水分を含んでしまうので、注意しましょう。

NGおかず、オススメおかず

冷凍には向き不向きの食材があります。じゃがいもやこんにゃく、豆腐、生野菜は食感がガラリと変わってしまうので、冷凍おかずを作るときは取り除いておきましょう。

オススメおかずは、からあげ、ハンバーグ、お好み焼き、パスタ、ホウレンソウのソテー、焼きそば、などなど。赤、緑、黄、茶色と、おかずのバリエーションをカラフルに揃えておくと、見た目にも美味しそうなお弁当ができあがります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会