ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『デッドプール』が映画『マトリックス リローデッド』を追い抜き、R指定映画の歴代最高興行総収入を記録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネオ(映画『マトリックス』シリーズでキアヌ・リーヴスが演じた主人公)は、お喋りな傭兵(映画『デッドプール』でライアン・レイノルズが演じた主人公)に太刀打ちできない。

全世界で7億4500万ドル以上を稼ぎ出した映画『デッドプール』が、映画『マトリックス リローデッド』に取って代わり、R指定映画として歴代最高の興行成績を打ち立てた。2003年に劇場公開された『マトリックス リローデッド』は、全世界興行総収入7億4210万ドルを記録していた。

米国内では、映画『アメリカン・スナイパー』の3億5010万ドルを追い抜き歴代興行収入2位のR指定映画となりそうな勢いだ。『デッドプール』は北米で3億4940万ドルを稼ぎ出したが、米国内でのR指定映画として歴代最高興行収入を誇る映画『パッション』の3億7080万ドルに追いつくことは難しいだろう。

この下品なアクション映画を製作した米20世紀FOXにとっては大勝利である。ほとんどのスタジオは、ティーンエイジャーがチケットを購入できなくなることを懸念し、R指定コミックを原作とした映画製作にゴーサインを出すのを避ける。『デッドプール』は、4文字言葉と過激な暴力を多用し、まったくもって潔癖で上品ぶった映画にはなっていない。米20世紀FOXは、製作費を比較的控えめな5800万ドルに抑えることによってリスクを制限しようとした。その結果、同作は同スタジオにとって非常に利益の高い作品となった。

また、ライアン・レイノルズのキャリアも同作によって再び高まった。映画『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』、映画『グリーン・ランタン』のような期待外れの興行成績を受けて、レイノルズの人気は陰りを見せていたが、コメディの才能を際立たせた『デッドプール』によってその輝きを取り戻した。同作の脚本を手掛けたレット・リースとポール・ワーニックは、報道によると、続編の脚本執筆に忙しいようだ。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP