ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

西原理恵子氏と高須院長が「結婚」の可能性を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニック院長の高須克弥さん(71才)との日常を描いた、西原理恵子さんの漫画『ダーリンは70歳』(『ビックコミックスペリオール』連載中)が話題となっている。今年1月に発売された単行本は、売り切れ店が続出、すぐさま増刷となった。

 現在パートナーとして、幸せな時間をすごしているふたりだが、それぞれ婚歴がある。高須さんは2010年に妻(享年65)と死別。西原さんは、1996年に戦場カメラマン(享年42)と結婚し、1男1女をもうけるが、夫はアルコール依存症になり、後に家庭内暴力が激しくなり、離婚を決意した。

 2011年に小泉今日子と永瀬正敏で映画化もされたエッセイ漫画『毎日かあさん』では、女手ひとつで子供を守り、生きるために必死で漫画を描き続けた様子が描かれている。

 しかし、修羅場の末に別れた夫が末期がんを患い、西原さんに復縁を求めてきた。この時、相談を受けていたのが、高須さんだった。この時の様子を西原さんと高須さんに聞いた。

西原:子供が小さくて、仕事もたくさんあるのに、アル中の大男が6年間も家で暴れていたので、本当に怖かった。いつも気が休まらなかったですね。

 いまだに時々思い出して、「なんであの時、刺し殺さなかったんだろう」って、悔しくなることがある。そんな思いで別れた夫なのに、かっちゃん(高須さんのこと)は「あなたと子供のために、彼を迎え入れてあげなさい」って言ったんです。

 彼は医者だから、“すべての患者さまに希望しか与えちゃいけない”っていうのが持論。「今、彼(元夫)が野良犬みたいに駅前で転がってひとりで死ぬのと、“愛しているからアル中を治して帰ってきていいよ”って言われて、頑張って闘病して死ぬのとでは、まったく違うよ」って。

高須:後者のほうが、彼女もお子さんも、家族全員が救われる道だと思ったんですよ。

西原:おかげでこの前、娘に「あたし、お父さん似でよかった。お父さんのほうが、お母さんよりぜ~んぜん、才能あるし!」って言われちゃいましたよ。ああ、悔し~い(笑い)。

高須:そんなふうに、“いいお父さんの思い出”が子供たちに記憶として残っているのなら、ハッピーだよね。

──高須さんにはすでに医師として成人した3人の息子が、西原さんには米国留学中の18才の息子と、映画や舞台に夢中の16才の娘がいるが、子供たちは交際に反対はしなかったのだろうか。

西原:なにも。昔も仕事でしょっちゅう朝帰りしてたから、彼のところから朝帰りしても、気にならないみたい。

高須:ぼくの息子たちは、おもしろがってくれてるみたい。彼女がツイッターで報告したら、真っ先にリツイートしてて。「親父がやられた話をうれしそうに拡散するんじゃないよ!」ってまた書いたら、それをまたうれしそうにリツイートしてくれたから。

──再婚には子供の反対がいちばんの障害といわれるが、それがないなら、この先、結婚もありそうだが…。

西原:私たちには、「結婚」っていう契約がないから、何の約束もなしに一緒にいられるんです。お互いのローンとか税金とか、そういう苦労は今までにイヤというほどやってきたから、今はただただ、一緒にいるのが心地いい。くだらないことで、ふたりで笑っているのが幸せなんです。

 かっちゃんとの交際って、私にとって、ご褒美の時間だと思うんです。これまで頑張ってきたから、まるで温かい南国でハッピーアワーに半額でビールを飲みながら、夕日を見てうるうるしちゃうような。まさにそんな感じ。

高須:熟年ってね、熟したりんごを摘み取るだけの作業なんです。そのまま置いておくと腐って落ちるけど、今がいちばんおいしい時期でもある。

 でも、熟すまでには、お互いいろんな人と出会って二度としたくないようなけんかや別れも経験してきていて、そういうものを互いに全部わかっている。だから、素直な気持ちで、そのままでいられるんじゃないかな。残された時間も限られているから、一緒にいる時は、ぼくは彼女の大好きな笑顔が見たい。

撮影■浅野剛

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥&西原理恵子が2人揃って熱愛宣言 すでに交際2年
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP