ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒットマンを一言で言えば普段ブラブラして何もしない人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年は、暴力団対策法成立から25年。昨秋、明るみになった六代目山口組から神戸山口組が分裂した騒動は、以前ならばすぐに抗争へと発展した。しかし今は驚くほど静かだ。暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏が、ヤクザは武力を捨てたのかどうかについて論じる。

 * * *
溝口:語弊があるかもしれませんが、山口組分裂騒動をワイドショーや週刊誌で大々的に取り上げるのは、一般の人たちがケンカを見たいから。私たちも含めたみんなが野次馬なんです。

 その観点で見れば、抗争とは暴力団が支払う社会的費用と言えます。抗争では、実行犯が逮捕されたり、多額の見舞金が必要だったり、ときには組織に捜査のメスが入ったりするというコストがかかる。そうしたコストをかけず抗争しない暴力団はバカにされ、誰からも相手にされなくなります。存在意義がなくなるということです。

鈴木:これまで暴力団は多くの事件を起こして、人を傷つけてきた。そうして支払った社会的なコストによって存在してきたわけですからね。

溝口:今はコストをかけたくてもかけられない。かける度胸もないというのが本当のところでしょう。勝負に出るにはみな老境を迎えている。もっとも多かった時期に10万人を超えた日本全国の暴力団構成員は現在約2万人。新たな人材は供給されず、老いさらばえた組織になってしまった。袋小路です。

鈴木:安藤昇が横井英樹襲撃事件(※注)を起こしたのは32歳のときです。実行犯は25歳。それに比べたらおじいちゃんだから、みんな腰が重い。

【※注/1958年6月、実業家の横井英樹氏が金銭トラブルに絡んで安藤組の組員に銃撃された事件。実行犯と、安藤昇組長らが逮捕された】

溝口:ただ、弘道会にはかつて「十仁会」というヒットマンを抱えた秘密組織がありました。現在は機能していませんが、すぐに復活させる力はあるでしょう。

鈴木:弘道会はもともと武闘派でのし上がった組織ですからね。でも、たぶん幹部が「動くな」と命じているはずです。

 暗殺専門の秘密部隊というと恐ろしく感じますが、ヒットマンを一言で言えば、ふだんブラブラして何もしない人。暴力団には必ず何もしない遊び人が何人かいた。抗争が起きたときのために彼らを飼っておいたわけですよね。

溝口:そう。組長が何から何まで面倒を見てくれる。

鈴木:何もしていないのに金をもらえるわけだから、いざとなれば「オレが」とヒットマンになる。しかし暴力団も官僚化、合理化されて、ムダな遊び人を切り捨ててきた。

溝口:暴力団同士の抗争では、相手を殺して「うちの○○がやりました」と世間にアピールするように自首させてはじめて報復が完成します。

 山一抗争(1980年代の山口組と一和会の抗争)では相手の組事務所を襲撃するカチコミがたくさんあったけど、量刑が上がって割が合わないからいまは誰もやろうとしない。

●すずき・ともひこ/1966年、北海道生まれ。『実話時代』編集などを経て、フリージャーナリストに。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)、『山口組 分裂抗争の全内幕』(宝島社、共著)など著書多数。

●みぞぐち・あつし/1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション賞を受賞。『暴力団』『続・暴力団』(ともに新潮新書)、『新装版 ヤクザ崩壊 半グレ勃興』(講談社+α文庫)など著書多数。

※SAPIO2016年4月号

【関連記事】
暴排条例対策で山口組 破門状は郵送からファクスに切り替え
司忍・六代目山口組組長が語っていた「弘道会の強さの秘密」
全暴力団構成員は約2万2300人 検挙人員は2万2495人

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP