ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビーチの妖精・坂口佳穗 大学で好きな授業は『西洋政治史』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビーチバレーの新星・坂口佳穗(20)。昨年の成績はJBVサテライト横浜大会でのベスト8が最高だが、選手としてのスキルは日毎に向上しており、4年後の東京五輪では、代表入りにも期待がかかる。

 そんな坂口は、武蔵野大学法学部に通う現役大学生でもある。

「好きな授業は『西洋政治史』と『アメリカ政治論』。海外の国の議会の成り立ちに興味があります」

 日焼け痕を気にしながら楽しそうに語る姿は、女子大生そのものだ。ただし、普段は授業が終わると川崎にある練習場へ直行。この春休みは、沖縄とロサンゼルスで長期合宿を行なうなど、ビーチバレー三昧の毎日を送っている。

 練習の合間に、テレビ出演や取材対応もこなしプライベートはないが、「ありがたいことです(笑い)。少しでもビーチバレーの認知度アップにつながれば」と笑う。

 5月からは、東京・台場で国内ツアーがスタート。人気・実力ともに急上昇中の「ビーチの妖精」の旋風に期待したい。

◆坂口佳穗(さかぐち・かほ):マイナビ/KBSC所属。1996年3月25日生まれ。宮崎県出身。身長172cm、体重58kg。小学1年生からバレーボールを始め、9年間プレー。父親がアトランタ五輪に出場した瀬戸山正二氏(現在は坂口のコーチ)と知り合いだったことからビーチバレーに出会い、大学入学と同時に本格的な競技生活をスタート。昨年の成績はJBVサテライト横浜大会でのベスト8が最高。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年4月8日号

【関連記事】
ビーチの妖精・坂口佳穗を独占撮 4年後五輪代表入りも期待
現役女子大生ビーチバレー坂口佳穂 チュートリアル徳井と対決
“ポスト浅尾美和”20歳美女 コートの上では黒豹の俊敏さ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP