ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝食抜きvs朝食2回。さて、太りやすいのはどっち?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「朝食を抜くと太りやすくなる」というのはダイエットハウツーでもよく聞く話ですが、mental_flossにオドロキの記事が掲載されていました。

アメリカの中学生を対象にした調査で「朝食は食べない、もしくは不定期」という生徒よりも、「自宅と学校で2回食べる」生徒のほうが太りにくい、ということが明らかになったそうです。

「朝食抜き」の
肥満率は2倍以上

朝食抜きvs朝食2回。さて、太りやすいのはどっち?

そもそも「朝ごはんを学校で」というのがあまりピンときませんが、アメリカの学校給食法(National School Lunch Program)では、お昼の給食のように「朝食」が支給されるケースがあり、これは子供の健康維持や救貧措置の意図があるそう。

そして、イェール大学とコネチカット大学が行った研究によれば、一番肥満のケースが多いのは「朝食抜き」のパターンで、なんとその可能性は2倍にも上るとか。

また「朝食1回」と「朝食2回」には、それほど大きな差はない、とも言います。
朝食抜きvs朝食2回。さて、太りやすいのはどっち?

一部で「学校で食べる朝食は肥満の原因に繋がるのでは?」という声もあったそうですが、この研究で示されたのは、その逆。

特に子供の場合は「朝食を抜く」くらいなら「2回食べたほうがベター」ということだとか。もちろん、食べ過ぎや脂質の摂りすぎには要注意ですが…。

さて、大人の場合はどうなんでしょう?さらなる研究に期待したいですね。

Reference:mental_floss,YaleNews,National School Lunch Program

関連記事リンク(外部サイト)

焼き立てパンの香りで起こしてくれる「目覚まし時計」Googleも太鼓判!
子供ができて初めて気づく。お母さんが絶対口にしない「10の愛情」
トップCAも実践!「また会いたい」と思わせる8つのテクニック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。