ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚発表の藤原紀香 正月には挨拶まわりし「若旦那」と呼ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月30日、藤原紀香(44才)と片岡愛之助(44才)が結婚した。昨年6月に熱愛が発覚してから9か月でのゴールインとなる。ふたりの理想は大スター・萬屋錦之介(享年64)と大女優・淡路恵子(享年80)の夫婦のカタチだという。

「結婚しても、お互い高めあいながら第一線で活躍していきたいと考えているようです」(ふたりの知人)

 ふたりが結婚に至るまでには紆余曲折があった。交際発覚当初、愛之助の周囲から祝福の声はあまり聞こえてこなかった。

「愛之助さんは熊切あさみさん(35才)との二股交際が騒がれましたし、一方の紀香さんも歌舞伎役者のパートナーとしては目立ちすぎる。それに、お互い40代半ばに差し掛かっての交際とあって、愛之助さんの跡継ぎを望む人たちからの強い反対もありました」(歌舞伎関係者)

 梨園の妻は、“出しゃばらずに夫を立てる”ことが何よりも求められる。舞台中はロビーや客席に出向いて贔屓筋のおもてなしをし、毎日のようにお礼状を執筆するなど、裏方の仕事が山ほどある。

 服装も贔屓筋の妻や、序列が上の役者の妻より華やかで高価な着物で目立つのは厳禁。常に“派手すぎず、地味すぎず”という微妙なさじ加減が求められる。

「華やかな芸能界のど真ん中にいる紀香さんが本当に梨園の妻としての役割をこなせるのか、周囲は疑問に思っていましたし、続かないだろうという人も少なくなかった」(前出・歌舞伎関係者)

 実際、かつて市川海老蔵(38才)と交際していた米倉涼子(40才)は「派手すぎる」と周囲からの猛反発を受けて破局し、中村獅童(43才)と「デキ婚」した竹内結子(35才)も梨園の掟に馴染めず早々に離婚している。愛之助の養父・片岡秀太郎(74才)もまた、紀香との交際に反対していると報じられてきた。

「秀太郎さんは大阪の町工場の長男として生まれた愛之助さんを自らの後継者として養子縁組し、一人前の歌舞伎役者に育てられた大恩人です。秀太郎さんの意向は愛之助さんにとって“絶対”のため、結婚は難しいと思われていました」(スポーツ紙記者)

 それでもふたりの思いは揺るがなかった。徐々に周囲に認められていく。

「今年のお正月にはふたりそろって関西の贔屓筋に挨拶まわりをしていました。この時、『片岡愛之助 藤原紀香』と連名の熨斗紙を付けたお年賀のフォションのジャムセットを手渡してくれました。紀香さんは歌舞伎の世界の風習にならい、人前で愛之助さんを“若旦那”と呼んでいました。すっかり梨園の妻の振る舞いが身についているかのような雰囲気でした。上方歌舞伎ファンからは歌舞伎に理解があって、関西弁も自然で、華やかな紀香さんにお嫁に来てほしいという声も聞かれるようになっていた。年明けから結婚を応援する雰囲気が強くなっていたように思います」(関西の贔屓筋)

 結局はトントン拍子で結婚となったふたり。

「紀香さんは2009年に陣内智則さん(42才)と離婚していますから、これが2度目の結婚。でも、愛之助さんにとっては初婚ですからね。彼はきちんとお披露目をしたいという思いが強く、ふたりそろって会見をしようと決めたようです。それに年内には結婚披露宴をしたいと考えているようですね」(前出・歌舞伎関係者)

※女性セブン2016年4月14日号

【関連記事】
藤原紀香と片岡愛之助 紀香のマンションで「同棲愛」報道
熱愛発覚の藤原紀香&片岡愛之助 出会いはNPO、7月から共演
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP