ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊娠中こそチャンス!?復職・就職前にとっておきたい資格特集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠生活は色々辛いものですが、自分の時間がとれる貴重な機会でもあるんです。妊娠中の今こそ、復職・就職前に資格勉強の絶好のチャンスです!

復職・就職に有利な資格


介護職員初任者研修

高齢化社会を迎えますます需要が高まっている介護業界。その登竜門的な存在の資格です。以前は実習が必修でしたが筆記試験のみとなり、一部は通信制で学ぶことができます。資格取得後は養護老人ホームやグループホームなどの施設や民間の福祉サービス事業所等で働くのが一般的です。また派遣会社に登録してパートタイマーとして働く方法もあります。養護老人ホームやグループホームは色々なところにありますし、パートタイマーとして働けるので育児中でもキャリアを積むことができます。

簿記

簿記は、企業内での生産や販売、人事管理という経営活動を数値でデータ化したり、経営状態を把握し、戦略を練るために不可欠な知識です。簿記を学ぶと、ビジネスの基本であるコスト感覚が身につき、自社や取引先の経営状況を把握できるようになります。 経理の担当者に限らず、すべての社会人に必要な知識であることから、社内での評価アップはもちろん、就職・転職の際のアピールポイントとしても役立てられる資格です。試験も年3回ありますし、資格勉強も自宅で出来勉強時間も最短1か月をうたっている通信講座などもあり、妊娠中に取得することが可能です。

保育士

「保活」をしたママさんなら痛いほどよくわかる人材不足な資格の保育士。待機児童問題が解消されないと言われる現状をみても、保育士不足は明らかでしょう。保育士は通信講座で取得可能ですし、6か月程度でカリキュラムが終わる講座もあるので妊娠中に資格取得が出来ます。保育士の勉強は自分の子育てにも役立てられますし一石二鳥の資格ですね。

TOEIC

言わずと知れたコミュニケーション英語能力を測る世界共通のテストです。英語が公用語になった大企業もあり、これからは英語はビジネスマンの必修科目になっていきます。仕事をしていた時はやらないと、と思っていても勉強に充てられるまとまった時間はとりにくかったかもしれません。試験も年間数回行われているので、妊娠中にスコアをあげておくのはいい選択かもしれませんね。テキストを買って自宅で勉強するのもよし、妊婦生活は何かと引きこもりがちになるのでスクールに通うのもよしです。

在宅で働くという道


ウェブデザイン技能士

ウェブサイトのデザインを行う知識と技能を検定するWEBデザイナーの資格です。1級は実務経験必須ですが、2級は3級合格者、3級は特に応募資格がないのでWEBデザイナー未経験でも取得可能です。3級は漫画1冊くらいのテキスト1冊で対策可能ですし、2級も頑張れば1か月で取得できるくらいなので妊娠中に資格取得できる資格です。また、WEBデザイナーとして在宅で働けるレベルまで勉強できる通信講座もあります。こちらも7~8か月くらいのカリキュラムなので妊娠中に取得して出産後に、仕事を始めるということも可能です。

ホームページ制作能力認定試験

WEBデザイナーに関する資格では初心者向けの資格です。IT系の知識が無く、手始めに資格をとってみたい方にはいいかもしれません。ホームページ制作能力認定試験は、自分でホームページを制作してアフィリエイトなどの内職をしようと思っている方におすすめです。一緒にカラーコーディネーター検定試験を勉強するとより魅力的なホームページを作れそうですね。

妊娠中は無理せずが大前提!落ち着いた環境を整えよう。

妊娠期間中に資格を取得して自分をレベルアップすれば、自分の気持ちも少しは軽くなるはず。でも資格勉強に熱中しすぎて、ストレスをため込むのは厳禁です。お腹の赤ちゃんを1番に考えて無理のない範囲で検討してみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

少子高齢社会、グローバル化、女性活用…etc. 激動の日本!これから取っておくと有効な資格って?
今のお給料じゃ貯金はムリ!年金をもらえるのか不安…今から目指せて一生働けるような資格は?
事務職として10年後も今の会社に居続けるために取るべき資格

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP