体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウィキよりも詳しい。 モロッコの履物「バブーシュ」のすべて

160322_morocco-babouche

モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!

バブーシュとは、
カカトが折れてる
スリッパのようなもの

バブーシュは見た目的にはスリッパである。ただ構造的にスリッパとは決定的に違う点もあり、それは「使わないけれど一応、カカトが設けられている」という点。“折る”前提でカカトを作り、ほとんどのものは折った状態で糊付けされている。

まれにまったくカカトがないものもあるが、これはもう、スリッパである。

ツマ先の形状は2種類
「ベルベル」「アラビック」

尖っているものと、丸いもの。バブーシュのトゥはこのどちらかに大別できる。丸いものはベルベル人の「ベルベル」、尖っているものはアラブ人の「アラビック」と呼ばれているが、深い意味はまったくないそうで、「ただ単にモロッコ人も2種類、バブーシュも2種類だからじゃない? 誰かがそう呼び始めただけのことでしょう」とは、現地のバブーシュ店の主の言葉。

良い悪いはもちろんなく、ただのデザインなので、好き好きで選べば良し。

知ってた?
外履きと内履きがある

モロッコでバブーシュ店に立ち寄ると「ソトバキ? ウチバキ?」と聞かれる。そう! バブーシュ=内履きだと思っている人が多いが、むしろバブーシュは基本的に外で履くものなのだ。

実際モロッコの人々はきちんとした民族衣装を着て出かける時こそ、革のバブーシュを履いていく。違いはアウトソールの強度。硬いアスファルトの上を歩くためには、それなりの強度が必要で、アッパーとの縫い合わせも異なる。

作られた町でデザインが
微妙に異なる

バブーシュはもう一つ、作られた町で「マラケッシュ」と「フェス」に分けられる。この線引きは難しく、実用的には何か違いがあるわけではない。目安としてはマラケッシュで作られたものは、デザインが大人しく、内履きが多い。フェスで作られたものは、工夫された意匠のものが多く、基本的には外履きになっている。

カカトのあるバブーシュは
通称「アディダス」!?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。